検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

最新の機能拡張をご覧ください

LTE/LTE-Advancedデバイスが、最高1 Gbps DLおよび100 Mbps ULのデータレートを実現して維持できることを保証

  • 最高5CC1ダウンリンクと2CCアップリンクの安定した双方向のデータスループットにより真のCA性能を評価、FDD-TDDミックスドCA、LTE-U/LAA、CSAT、256 QAMダウンリンクを含む
  • 内蔵のアプリケーションサーバー、搬送波ごとの個別のフェージング、最大8×4 DL MIMOによる、データ性能の現実的なテストとベンチの複雑さの低減
  • 柔軟かつ容易に設定できるチャネル割り当てや閉ループテストなどの独自のレシーバーテスト機能による、スループットの問題の早期発見

さまざまな複雑なネットワーク動作をエミュレートすることによる、ファンクションテストでのより詳細な解析

  • 2つの独立したセル(内蔵)によるLTE intra-RATおよびLTE inter-RAT移動機(W-CDMA/TD-SCDMA/GSM)の検査、別のUXMまたはKeysight 8960との接続によるマルチセル無線ハンドオーバーシナリオの検証
  • 柔軟なネットワークおよびスリープモード設定による、IMS/エンドツーエンドのVoLTE、無線LANオフロード、(F)eICIC、TM9、CPC、cat 0(M2M)、バッテリードレイン性能の評価
  • Internet of Things(モノのインターネット)デバイスの安定性、消費電力、相互運用性を確保。UXMは、Cat 1と、接続モードとアイドルモードのeDRXのNB-IoTをサポートし、包括的なバッテリー・ドレイン・テストが可能
  • UXMの内蔵ロガーによるLTEプロトコルメッセージの確認、またはWiresharkベースのロギングソフトウェアによる時間同期したマルチフォーマットメッセージングの徹底的な解析

信頼性の高いRF性能を実現

  • 業界実証済みのXシリーズ測定アプリケーションによる、トランスミッターのコンプライアンス/トラブルシューティングの問題の確認
  • 1つのテストセットで、2台の電話機またはデュアルSIMデュアルアクティブ(DSDA)デバイスの2G/3G/4GのパラレルRFテストに対応
  • 現実的なフェージング/MIMOシナリオでのレシーバー性能を、1つの簡単なインタフェースで評価可能。標準的なテスト手法をすべてサポートし、MIMO OTA性能の検証が簡単
  • 接続を中断しなくてもパラメータを簡単に変更でき、RF性能の変化を監視可能

概要

デザインの即応性を高い信頼性で評価

UXMは高密度に統合されたシグナリング・テスト・セットで、4G以降の機能やRFデザインを検証できます。 最新のデザインのテストに必要な機能を備え、現時点では最高1 GbpsのLTE-Advanced Proデータレートを実現しています。また、今後はより複雑な要件にも対応する予定です。 新しいチップセットやUEがテストに合格する時期を把握することをチームが求めている場合には、UXMを使用してクリアな通話を実現してください。

最大5個のコンポーネントキャリアおよび同期セル間のハンドオーバーを実現するには、複数のUXMを並べて接続します。

Anite社の関連ソリューション

Anite社はキーサイト・テクノロジーに統合されました。Aniteコンフォーマンスツールセット、Anite SAS相互運用性テスト、Propsimチャネル・エミュレーション・ソリューション、Aniteバーチャル・ドライブ・テスト・ツールセット、Anite開発ツールセットについての詳細は、ワイヤレステストセットおよびワイヤレスソリューションのウェブページを参照してください。
 

関連する業種&テクノロジー