検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

ADSデータ・ディスプレイ・エレメントの特長:

  • シミュレーション結果のグラフィック表示、フルセットのプロット・タイプ、トレース・タイプおよびプロット/トレースのアノテーションにより、デザインの性能をよりよく理解可能
  • 以前のシミュレーション結果を保存/検索表示して、継続中のデザインのシミュレーションと比較可能
  • カスタム式を用いてデータを表示/演算処理可能
  • オートスケール機能(データ・フィッティング用)とマーカ機能を使用して、データ・ポイントをすばやく特定して再表示可能
  • 高速ドラフト・モードによる大きなデータセット(>20000ポイント)のクイック表示
  • オンスクリーン編集
  • 複数のページ、複数の軸
  • テンプレートによる自動表示

概要

W2391EP ADSデータ・ディスプレイ・エレメントでは、シミュレーション結果をアナライザや他の測定器と同じようにグラフィックで表示することも、生データとして表示することも可能です。
数式ベースのポスト・プロセッシング機能を使用すると、データの演算も非常に柔軟に実行できます。

時間変化の結果は、シミュレーションの進捗度として表示できます。シミュレーションを停止して結果を捕捉したり、デザインやシミュレーション・パラメータを変更することも可能です。
データ表示機能を豊富に備えているので、ほとんどすべての回路/システムをすばやく解析して改善することができます。

Plots in Data Display

マーカ、色、線の種類、見出しを選択して、データ・ディスプレイのグラフをカスタマイズできます。プロットを部分的に瞬時に拡大したり、複数のデータ表示ウィンドウから同じデータ・ファイルにアクセスすることができ、データを数種類の方法で同時にモニタできます。掃引トレースの色、シンボル、線の種類を異なるものにすることも可能です。

目的の測定やグラフだけをシミュレートしたり、評価/更新することにより、個々のプロットや式をオン/オフして時間を節約することができます。オン/オフは、表示ツールバーまたはマウスの右ボタンのクリックにより簡単に選択できます。

プロット・タイプとしては、直交座標(複数のX軸とY軸)、極座標、スミス(インピーダンス、アドミタンス、インピーダンス+アドミタンスなど)、積み重ね直交座標(複数のY軸を1つのX軸上に重ね表示)、リスト・カラムがあります。

トレース・タイプとしては、線、散布図、ヒストグラム、デジタル、スペクトラム、「バス・トレース」(バス全体のバイナリ・データの表示、最大128ビット幅)があります。

プロットでもトレースでも、線幅、色、線の種類を選択できます。線、長方形、円、テキスト、多角形、ポリラインなど、プロットのすべてのドローイング要素に注釈を付けることができます。

Graphs in Data Display