検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

U8488A 10 MHz~67 GHz USB熱電対パワーセンサ

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 4 週

本体のみの概算(税抜) ¥ 939,816

構成例  

構成例

U8488A Power Sensor; USB average thermocouple, 10MHz-67GHz

  • W4100-3MW Warranty, 3mth for included accessories
  • 5年間の保証(引取)
  • U2000A-301 Power sensor cable; 5-ft (1.5m)
  • U8488A-100 Connector 1.85MM, (DC Block) 10MHZ-67GHZ

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 10 MHz~67 GHzの周波数レンジ
  • 熱電対センサでは最速の測定速度、>900回/s(フリーラン/高速バッファ・モード)
  • クラス最高のパワー・リニアリティ:0.8 %以下
  • -35 dBm~+20 dBmの広いダイナミックレンジ
  • リアルタイムの測定の不確かさ(MU)計算/表示機能
  • S パラメータ補正と反射係数ガンマ(Γ)補正機能
  • 正確な校正および米国NIST(National Institute of Standards and Technology)/英国NPL(National Physical Laboratory)へのトレーサビリティ
  • BenchVueソフトウェアに対応
     

概要

最大67GHzの測定周波数レンジ

U8480シリーズは、オプションでDCから測定が行えるKeysightで最初のパワーセンサです(U8481A/85Aのみ)。U8480シリーズは現在、それぞれ周波数レンジを最大50 GHzおよび67 GHzに拡張し、PNA/MXGの校正から量産環境までのさまざまなアプリケーションで高周波のパワー測定を高速かつ正確に測定できます。

リアルタイム測定不確かさ(MU)表示機能

U8480シリーズ USB熱電対パワー・センサは、所定の任意のポイントで測定の不確かさの値をリアルタイムで計算するため、手間のかかるMU計算はなく、テスト時間は短縮され、正確な測定が行えます。また、パワーの測定値と測定の不確かさの値を同時に表示することも可能です。

S パラメータ補正と反射係数ガンマ(Γ)補正機能

DUTとパワーセンサ間に挿入されているコンポーネントによる誤差やインピーダンス不整合による誤差を、ネットワークアナライザ等から得られるSパラメータや反射係数Γ(ガンマ)を入力することで補正する機能で、これにより高い確度が得られます。

PCからの直接測定

Keysight BenchVueソフトウェアでは、U8480シリーズがサポートされています。BenchVueを使用すれば、パワーメータを簡単に制御して、データを記録し、さまざまな表示オプションで測定を表示できます。プログラミングは不要です。BV0007B BenchVueパワーメータ/パワーセンサ制御/解析アプリケーションがインストールされたPCにセンサを接続するだけで、平均パワー測定や解析を実行できます。