検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4690C N型 2ポート・マイクロ波電子校正モジュール(Ecal)

購入窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 1,468,867

構成例  

構成例

N4690C Type-N 50 ohm Ecal module 300 kHz to 18 GHz

  • 1年間の保証(引取)
  • N4690C-M0F One female and one male connector, both type-N 50 ohm

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 300 kHz~18 GHzの周波数レンジ
  • USBインタフェースにより、PNA/ENAシリーズ ネットワーク・アナライザから直接制御可能
  • 高速校正
  • 1回の接続でフル2ポート校正が可能
  • コネクタの摩耗の低減
  • NISTにトレーサブルな確度の高い校正
  • 信頼性の高いソリッドステート・スイッチング
  • 再現性を高めるために、N4690Cにはより短い新しいコネクタ(メス)が装備されています。

概要

Keysight N4690Cマイクロ波電子校正(ECal)モジュールを用いれば、確度の高いベクトル・ネットワーク・アナライザ校正を高速かつ容易に行えます。
ネットワーク・アナライザに応じて、2通りの方法で容易にマイクロ波ECalシステムを制御できるようになりました。Keysight PNA/ENAシリーズ ネットワーク・アナライザは、モジュールをUSBインタフェース経由で直接制御することができます。

ECalは、ネットワーク・アナライザの校正に最適なソリューションです。ECalを使用すれば、メカニカル校正キットを使用した場合の半分以下の時間と
接続回数でフル2ポート校正を実行できます。さらに、電子校正手法の校正確度はメカニカル校正手法と遜色はありません。従来のメカニカル校正では、オペレータの介入が頻繁に必要なため、エラーが発生しやすくなります。ECalを使用すれば、オペレータはECalモジュールをネットワーク・アナライザに接続するだけです。あと
はソフトウェアによって制御されます。