検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 周波数:500 MHz~40 GHz
  • 振幅補正(代表値):±0.05 dB
  • 位相補正(代表値): ±1.5 °
  • 方向性補正(代表値):-38 dB
  • 2.92 mmコネクタ
  • PNAファームウェアオプション301および304は、標準CalPodでは不要になりました

概要

CalPodは、新しい独自の方法で、容易にネットワーク・アナライザの校正をリフレッシュできます。DUTの取り外しや校正標準の接続は不要で、ボタンを押すだけで実行できます。

次のPNAシリーズ ネットワーク・アナライザで動作するCalPod:PNA-X N524xA、PNA N522xA、PNA-L N5231/32/34/35/39A、およびPXIeベクトル・ネットワーク・アナライザ:M937xA。CalPodの動作には、PNA/M937xA用のCalPod専用ファームウェア、85523B CalPodコントローラーが必要です。さらに、4個以上のCalPodを制御するには、85556Aファンアウト・ケーブル・スプリッターが必要です。

85540Aは、環境温度で使用する際に、+20 °C~+30 °Cの温度範囲で高い確度で補正する機能です。最大48個のCalPodを制御できますが、同時に補正できるCalPodは4個です。

ECalモジュールでCalPodの特性を評価して、測定環境でECalモジュールとして使用することができます。マルチポート/マルチパス測定を実施する際に特に便利な機能で、校正を大幅に簡素化できます。CalPodをECalとして使用すれば、マルチポートのDUTの各ポートで1ポート校正を実行できます。さらに、任意の2つの1ポート校正と未知のスルー経路の測定から、対応するフル2ポートの12項誤差補正モデルを決めることができます。