検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

SystemVue ESL Design SoftwareW1902EP/ET デジタル・モデム・ライブラリは、SystemVue用のシミュレーション・アドオンで、衛星/軍事/商用無線の通信システムで使用される40種類のデジタル変調方式に対して、送信、受信、ビット・エラー・レート(BER)の解析が行えます。さらに、W1902は、18種類のリニア変調方式のフレーミング、直接シーケンス・スペクトラム拡散(DSSS)、基準レシーバ・デザインをサポートしています。このライブラリは、デザインの生産性を高め、検証に要する労力を軽減し、アルゴリズムから実装、さらに、広帯域テスト機器を使用したハードウェアの検証まで、通信デザイン・サイクル全体にわたるモデル・ベースのデザイン手法を支援します。

航空宇宙アプリケーションに最適な生産性と柔軟性

軍事/衛星通信ネットワークが大容量/低遅延方式にアップグレードされると、多くの通信デザイナは時間を割いて自身のシミュレーション・ブロックセットやツールのメンテナンスを行うため、プロジェクトにオーバヘッド時間が生じます。

  • W1902 デジタル・モデム・ライブラリによって、信頼できる一般的な変調方式のCOTSリファレンスを入手でき、オーバヘッドの削減と検証作業の簡素化が可能になります。
  • W1902は、テスト機器やRFデザイン・ツールへの接続も容易で、RF/FPGAのコ・デザイン、デジタル・プリディストーション、最新の広帯域テスト機器のサポートに必要な高いレベルのシステム・シミュレーション確度を実現できます。
  • SystemVueでは、IPをC++、MATLAB、HDLフォーマットに容易にインポートでき、機密性の高いセキュアな学術研究アプリケーションで要求されるモデリングの細部の追加も可能です。

ライセンスはデザインの再利用と分散協調環境を促進する、EDAで利用しやすい形態です。このライセンスでW1902 デジタル・モデム・ライブラリを使用すれば、対応しているCOTS環境の高い生産性を活用でき、特殊でセキュアなデザイン・チームで要求される柔軟性も確保できます。

SystemVueデジタル・モデム・ライブラリの対象者

システム・レベル・アーキテクト、ベースバンド・アルゴリズム・デザイナ、RFコンポーネント・デザイナは、W1902 デジタル・モデム・ライブラリを使用して、通信システムのアーキテクチャ、コンポーネント、DSPアルゴリズムを研究開発の早い段階に検証できます。W1902は、カスタム・アプリケーションや専用の通信信号リンクに利用できるモデリング・プラットフォームも備えています。

SystemVue環境は、スクリプト化、Keysight ADSなどのRFデザイン・ツールへのリンク、高性能テスト機器への接続も可能で、柔軟性と一貫性を製品のライフサイクル全体を通して提供します。

主なアプリケーション:

  • 地上、空中、宇宙空間における衛星通信
  • 軍事通信とセキュアなバックホール
  • 学術研究
  • テスト機器の拡張による特定の変調方式のサポート
  • コンポーネントの検証

主な利点

  • オープンなモデリング環境における信頼性の高いIPリファレンスと、それによる生産性の向上
  • プロジェクトのオーバヘッド、スクリプト化、検証、NREなどの工数の削減
  • SystemVueの優れたRF-DSPコ・デザインによる、配備時間の短縮

機能

基準トランスミッタ 基準レシーバ
  • 18種類の変調方式の変調(注記1)
  • オーバサンプリングとフィルタリング(注記1)
  • フレーミング(長さ、変調、データはユーザ定義可能)
    • ガード・インターバル
    • アイドル・インターバル
    • プリアンブル
    • ペイロード
  • 波形およびデータI/O
    • シミュレーションまたはファイルI/Oからの入力データ
    • I/Q変調波形のシミュレーション、ファイルI/Oまたはテスト機器への出力
    • フレーミング、プリアンブルなどの機能用の追加出力
  •   直接スペクトラム拡散(DSSS)の拡散(ユーザ定義可能)
  • 対応コード
    • ユーザは、デジタル・モデム・ソースの外部に、FEC、インタリーブ、C++、MATLAB、HDLブロックを自由に追加できます。
  • 障害
    • デジタル・モデム・ソースの外部で、広いレンジのRF障害、チャネル・モードを追加/掃引できます。

 

  • 18種類の変調方式の復調 (注記2、3)
  • フィルタリング、同期、リサンプリング (注記2、3)
  • 使用可能な補正:
    • 搬送周波数オフセット(例:ドップラー)
    • IQ位相回転
    • IQ不平衡
    • AGCリノーマライゼーション
  • アダプティブ・イコライゼーション
    • リニア・イコライゼーション(LE)とデシジョン・フィードバック(DFE)
    • アダプティブ・アルゴリズム(RLS、LMS、RLS/LMS)
    • LEとDFEの両方に対応するフラクショナル・スペース・イコライザ(FSE
    • MMSE-DFE(高速計算DFE)
  • 最尤系列検出器(MLSE)
  • DSSS用のRakeコンバイナ
  • 相関と差動相関の両方のアルゴリズムを使用したフレーム同期
  • PLLを使用した搬送波周波数同期および周波数トラッキング・アルゴリズム
  • 波形およびデータI/O
    • I/Q変調波形のシミュレーション、ファイルI/Oまたはテスト機器からの入力
    • フレーミング・プリアンブルなどの機能用の追加入力
    • 出力データ・ビット、コンスタレーション
  • 測定と構成済みのテンプレート
    • BER対Eb/N0、または、SNRの掃引
    • EVM
    • システム・レベル検証

注記:
 

  1. 1. 基準トランスミッタ・ソース以外では、全部で40種類の変調方式がサポートされています。また、一部の生の変調機能(ソースのみ)は、SystemVueコア環境に含まれている“DigitalMod”ソースの使用時に利用できます。このフリー・ソースでは、フレーミング、DSSS、復調は行えません。
  2. 2. W1902は、全部で40種類の復調方式をサポートしています。基準レシーバは、そのうちの18種類をサポートしています。
  3. 3. 一部のダイナミック・ビジュアリゼーション機能は、Keysight 89600 VSAソフトウェア、オプションAYAの使用時に利用できます。89600 VSAは、フレーミング、DSSS、復調データ出力をサポートしていません。
     

フレーミング、DSSS、BERの完全なTX/RXリファレンスでサポートされる変調方式

16-QAM
32-QAM
64-QAM
128-QAM
256-QAM
512-QAM
1024-QAM
2048-QAM
4096-QAM
BPSK
QPSK
8-PSK
16-PSK
16-APSK
32-APSK
カスタムAPSK
Star 16-QAM
Star 32-QAM

サポートされる変調/復調方式
 

DQPSK
pi/4 DQPSK
OQPSK
SOQPSK-TG
SOQPSK-MIL*
IJF-OQPSK
FQPSK
EFQPSK
CQPSK
pi/4-CQPSK
D8PSK
pi/8 D8PSK
MSK
GMSK
M-ary CPM
Multi-h CPM*

*制限事項があります

W1902 Framing and Spread Spectrum Functions

図1.W1902 デジタル・モデム・ライブラリは、34種類の主要な変調/復調方式のフレーミングと拡散スペクトラム・ファンクションをサポートしています。通信のデザインで、衛星/軍事無線リンクのBER性能を迅速に解析できます。

W1902 Analyzing a 512 QAM Communications Link

図2.この例では、W1902ライブラリで、非線形アンプ、有限なADC分解能、AWGNレシーバ雑音、シンプルなチャネル効果をもつ512 QAM通信リンクを解析しています。同じスクリプトが検証ループのRFテスト機器でも動作するため、現実性が増します。

構成

W1902 デジタル・モデム・ライブラリは、すべてのW146xシリーズ SystemVue環境またはバンドルにオプションとして追加できます。

SystemVueを、AWG、デジタイザ、RF信号源、RFアナライザなどのKeysightテスト機器に接続するには、通常、他のKeysightソフトウェア(Keysight IOライブラリ、Command Expert、89600 VSAソフトウェアなど)が必要です。

詳細な情報

ライブラリおよび関連のトレーニング/コンサルティング・サービスについては、計測お客様窓口に直接お問い合わせください。

SystemVueのすべての構成を見るには下のリンク先を参照してください。