検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

概要

高性能チャネル・シミュレーション
フェージング用Baseband Studioは、E4438C ESGベクトル信号発生器またはE5515C無線通信テスト・セットと使用できる最新チャネル・シミュレーション・ツールです。現在の複雑な受信機の評価に不可欠な、再現性の高い結果を提供するために、信号がリアルタイムでデジタルにフェージングされます。さらに、RFフェーダに付随するアップ/ダウン・コンバージョンがないので、スプリアスやイメージが除去されます。ユーザ定義フェージング・プロファイルにより、特定のテスト・ニーズに柔軟に適合させることができます。

ユーザ・インタフェースの評価
購入前にBaseband Studioソフトウェアを評価したい場合は、キー・ライブラリのBaseband Studio Complete Installation Packageをダウンロードしてください。

代表的なアプリケーション
フェージング用Baseband Studioは、セルラ、無線LAN、汎用無線機の受信機性能を評価するための、実環境無線チャネル・シミュレーションを提供します。

オプションと価格表の表示

注記: ソフトウェアは、Web経由でのみ配布されています。

 

  • 複雑な校正なしに簡単にAWGNを追加可能
  • 必要に応じてパス数と帯域幅を最適化(最大48パスと最大30 MHzの帯域幅)
  • オプションの第2チャネルにより、アンテナ・ダイバーシティ・テストまたは干渉チャネルのシミュレーションが可能
  • 徹底した受信機テストのために、様々なフェージング・プロファイルを選択可能Rayleigh分布、Rician分布、Suzuki分布、対数正規分布、純粋なドップラ分布、定位相分布
  • 設定済みのセットアップで、ミスを回避W-CDMA、TD-SCDMA、cdma2000、cdmaOne、1xEV-DO、1xEV-DV、GSM、EDGE、WLAN
  • 内蔵APIによるプログラマブル制御で、チャネル・シミュレーションを自動化
  • E4438CとE5515Cからの信号をフェージング