検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

J3915A Keysight NetMetrix WanProbes

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

WAN 監視ができる Keysight NetMetrix WanProbe は、Keysight J3915A V-Series WanProbe を有します。 すべてのプローブは、特異なメディアです。 DSU/CSU とルータとの間ではなく、WAN リンクに直接付けます。 これにより、サービス・プロバイダから受ける回線サービスの品質の中味が見えるようになります。 これは、DSU/CSU 以降ではできません。

Keysight NetMetrix WanProbes は、Frame Relay ための RFC 1490 および Cisco/Wellfleet 固有の方法を含め、カプセル化の最も共通な方法をサポートします。 特定の WAN MIB に加えて、これらのプローブは、MIB-2、 Keysight 固有および RMON2 MIB を実施しています。 プローブは、Frame Relay パーマネント・バーチャル回線 (PVC) による統計収集もサポートします。 オプションにより、これらの WanProbes は、1 つ、2 つまたは 3 つのインタフェースを同時に監視することができます。

J3915A NetMetrix V-シリーズ WanProbe

  • Keysight J3915A V-シリーズ WanProbe は、V-シリーズ、 10 BaseT AUI、 10/100 BaseT Ethernet テレメトリ・ポート、 25-ピン RS232 接続および 1 年間のワランティ付きで納入されます。 設置マニュアル、 ラックマウント・キットも含まれます。 ケーブルは含まれません。 プローブはネットワークに接続するために Y-ケーブルを使います。 キーサイトの Y-ケーブルを使う必要があります。 1 つのインタフェース・オプションと 1 つのメモリ・オプションを選択する必要があります。
  • Keysight J3915A V-シリーズ WanProbe は、HDLC、 SDLC、 PPP、 Frame Relay を監視します。 この V-シリーズ WanProbe は、V.24 (RS-232)、 V.11 (X.21 の電気の部分)、 V.35、 V.36、 RS-449 および EIA-530 回線に接続します。