検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

SystemVue ESL Software

W1919EP グローバル・ナビゲーション衛星システム(GNSS)ベースバンド検証ライブラリは、GPS衛星ナビゲーション・システム用のエンドツーエンド・システムのモデリングとシミュレーションを、Galileo/GLONASS/China Beidouシステム用の追加変調源とともに提供します。このライブラリは、GPSのトランスミッタ、レシーバ、衛星チャネル・モデルのリファレンス・デザインを対流圏、電離層、マルチパスの影響とともに提供し、レシーバ性能をベースバンドやRFの障害とともにシミュレートすることができます。完全なマルチ衛星シナリオが提供され、各レシーバの位置/日付/時間/有効時間を設定すると、システム性能を現実的な衛星環境でシミュレートすることができます。

W1919EP SystemVue GNSSベースバンド検証ライブラリは、研究開発や製造の最終的なコンポーネント・テストのためのテスト/測定アプリケーションではなく、研究開発の早い段階で使用できます。このSystemVueライブラリを使用すれば、システム・レベルのアーキテクト、ベースバンド・アルゴリズム・デザイナ、RFコンポーネント・デザイナは、ハードウェア・プロトタイプができる前に、デザイン検証を早期に行うことができます。SystemVueは、スクリプト化したり、他のプラットフォームやテスト機器にリンクすることも可能で、柔軟性と一貫性を製品のライフサイクル全体を通して提供します。

SystemVue GNSSライブラリの機能

SystemVue GNSSライブラリを使用すれば、衛星ナビゲーション・システムの性能(ベースバンドTX/RXアルゴリズムやRF障害)を単一衛星/マルチ衛星チャネル・シナリオでシミュレートすることができます。

  • ベースバンド・モデリング: Keysight W1919 GNSS基準デザインでのアルゴリズムをC++/演算.m/HDLフォーマットでの独自アルゴリズムに置き換えたり、グラフィカルに定義されたスケマティックを使用することができます。SystemVueは、既にお使いのMATLABと容易に統合し、IPの互換性と移植性を実現します。
  • システム・モデリング: ユーザ定義のフェージング/ノイズ/干渉/ジャミング/厳しいマージン条件でアルゴリズムを評価したり、RF障害を含めることができます。**
  • 研究中/最新の規格: 軍事用の最新規格、カスタム・エンコーディング/デコーディングを追加して、商用の“L1”信号フォーマットと規格以外にも対応できます。オープンなブロック図の内部を正確に調べたり、最新のGNSS規格について学習できます。
  • カスタム・テスト: カスタム仕様の静的信号や障害信号を、規格に準拠したテスト/測定機器にダウンロードします。多くの定義済みのT&Mパーソナリティは、リアルタイムGNSS信号を特定の商用条件でストリーミングします。このためダウンロード遅延はありません。一方、SystemVueでは、干渉、マルチ衛星、独自のシグナリング・フォーマットなどのカスタム波形を作成することができますが、主にテスト機器の波形容量やダウンロード速度による制限があります。
  • RFコンポーネントの検証: SystemVueのGNSSライブラリは、シミュレート/テスト済みアナログ・デザインに基づいて、システム・レベル性能を評価するRFIC/RFモジュール・デザイナのギャップも埋めます。SystemVueは、Keysight ADSやGoldenGate RF EDAシミュレータとともに動作し、Xパラメータなどもサポートしています。

** 注記: SystemVueをカスタマイズし、Analytical Graphics, Inc.(AGI)社のSTK 10.0慣性/地勢モデリング・ソフトウェアと統合することも可能です。SystemVueとSTKの統合に関するKeysight EEsof EDAコンサルティング・サービスについては、計測お客様窓口に直接お問い合わせください(地域および輸出規制によってサービスが異なります)。

構成

W1919EP SystemVue GNSSベースバンド検証ライブラリは、すべてのSystemVue環境またはバンドルにオプションとして追加できます。

SystemVueのすべての構成を見るには下のリンク先を参照してください。

関連する業種&テクノロジー