検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4982A クロック・リカバリ・ユニット

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • N4982A-R19は19~26 Gb/sで動作します。
  • N4982A-R25は25.3~32 Gb/sで動作します。
  • N4982A-R28は27.9~36 Gb/sで動作します。
  • N4982A-R40は39.8~44 Gb/sで動作します。
  • 単一の-3.3 V電源
  • 低ジッタ出力クロック
  • 低消費電力

概要

Keysight Technologies N4982シリーズのクロック・リカバリ・ユニットは、代表的には長い遅延時間がチャネル内にある場合に必要とされる、クリーンなクロック信号を、BERTエラー検出用に提供します。各モジュールは、高い入力感度、反射を最低限にするために50 Ω抵抗で終端されたAC結合データ入力、低ジッタ出力クロック、低消費電力を実現しています。

アプリケーション

  • 長いファイバ・チャネルや再循環ループを使用したBERテスト
  • リクロック・データ・パスによる、BERテスト・アクティブDUT
  • 光トランシーバの製造テスト
  • 100ギガビット・イーサネット
  • SONET/SDH用低ジッタ・クロックの抽出
  • 広帯域テスト