検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N2751A InfiniiMode 3.5 GHzアクティブ差動プローブ

購入窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 666,251

構成例  

構成例

N2751A Differential probe - 3.5 GHz

  • 5年間の保証(引取)

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

仕様:

  • 帯域幅:3.5 GHz
  • 減衰比: 2:1または10:1(切換可能)

レンジ:

  • ダイナミック・レンジ:±5 Vまたは10 Vpp(10:1)、±1 Vまたは2 Vpp(2:1)
  • DCオフセット・レンジ:±15 V
  • 最大入力電圧:30 V DC+ピークAC

入力インピーダンス:

  • 差動入力抵抗:200 kΩ
  • シングルエンド入力抵抗:100 kΩ
  • コモン・モード入力抵抗:50 kΩ
  • 入力キャパシタンス:700 fF(ブラウザ使用時)

インタフェース:

  • InfiniiModeはんだ付けチップ、ソケット・チップ、ブラウザ・チップが標準で付属
  • N2776A差動ブラウザ・チップ(3個)
  • N2777A InfiniiModeはんだ付けチップ(3個)
  • N2778A InfiniiModeソケット・チップ(3個)

概要

N2751A InfiniiMode差動プローブは、新世代の低価格3.5 GHz差動アクティブ・プローブですが、Keysight InfiniiumオシロスコープのAutoProbeインタフェースで使用できます。

InfiniiMode

N2751A InfiniiModeプローブには、新しいInfiniiMode動作モードがあります。InfiniiModeを使用すれば、接続を変更するためにプローブを接続し直さなくても、単一のプローブ・チップにより、差動モード、シングルエンド・モード、コモン・モードの信号を容易に測定できます。N2751AプローブのInfiniiModeには、次の動作モードがあります。

  • A – B(差動)
  • A – グランド(シングルエンドA)
  • B – グランド(シングルエンドB)
  • (A+B)/2 – グランド(コマンド・モード)

オシロスコープ・クイック操作ボタン

N2750Aシリーズ 差動プローブを使えば、オシロスコープのさまざまな機能を簡単に使用できます。プローブを手で固定した状態で、オシロスコープを制御しなければならないことはよくあります。プローブのオシロスコープ・クイック操作ボタンを使用すれば、プローブの内蔵ヘッドライトをオン/オフしたり、Run/Stop、Auto Scale、Quick Print、Quick Saveなどの頻繁に使用するいくつかのオシロスコープ機能の1つを、プローブのボタンを1回押すだけで制御することができます。プローブのクイック操作ボタンを1回押して、最も必要なオシロスコープの機能を制御してください。以下のオシロスコープ機能は、オシロスコープ・クイック操作ボタンで制御できます。

多様な測定で使用可能

このプローブは、今日の汎用高速差動プロービングに必要な多くの機能や特性を備え、デジタル・システムのデザイン、コンポーネントのデザイン/特性評価、さまざまなシリアル・バス測定に最適です。N2750Aシリーズ 差動プローブには、2:1と10:1の2種類のアッテネータの設定があり、さまざまなアプリケーションで使用できます。2種類のアッテネータ・レンジは、入力信号の大きさによって自動設定されます。この差動プローブには、200 kΩ(差動)または100 kΩ(各入力とグランド)の入力抵抗と、700 fFのきわめて小さい入力キャパシタンスがあり、回路負荷は最小限に抑えられます。また、優れた信号忠実度も備え、デジタル・デザインやデバッグのアプリケーションに最適です。さらに、ダイナミック・レンジ(10 Vpp、10:1)およびオフセット・レンジ(±15 V)が広く、さまざまなアナログ信号測定アプリケーションでも使用することができます。