検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4376D 26.5 GHzマルチ・モード850nm光コンポーネント・アナライザ

購入窓口
  • Keysight - 納期はお問合せ下さい

構成例  

構成例

N4376D Lightwave Component Analyzer, multimode

  • N4376D-103 Optical Test Set with 850 nm Source
  • N4376D-220 26.5 GHz, 2 Port PNA (N5222A-200) with RF-Cables
  • N4376D-026 SC 62.5 micro-m Connector Interface (external 0.75 m Patch Cord)
  • 5年間の保証(引取)

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

絶対レスポンシビティ確度

  • ±2.0 dBe(20 GHz、代表値)

相対レスポンシビティ確度

  • ±1.5 dBe(20 GHz)
  • ±1.0 dBe(20 GHz、代表値)

ノイズ・フロア

  • E/O測定では、<-69 dB(W/A)
  • O/E 測定では、<-68 dB(A/W)

光波長

  • (850±10)nm
  • 1060 nmおよびその他の波長(お問い合わせください)

概要

新しいN4376Dマルチ・モードLCAは、最新の2ポート/4ポート構成の5222Aシリーズ ネットワーク・アナライザをベースにしています。
このLCAは、最高26.5 GHzの電気/光コンポーネント測定および無線オーバファイバ(RoF)や航空宇宙/防衛(A&D)の電気/光テスト・アプリケーションに最適な測定ソリューションです。

N4376Dは、国際標準にトレーサブルで、電気/光レスポンシビティSパラメータ測定のための保証された仕様をターンキー・ソリューションとして提供しています。
N4691B電気校正キットと組み合わせれば、テストを最高速でセットアップでき、コンポーネントの開発に集中できます。

利点

  • 850 nmターゲット波長でのトレーサブルなマルチ・モードS21特性評価により、再現性の高いテスト結果を得ることができます。
  • IEEE 802.3aeに準拠した励起光パワーにより、アプリケーションの現実的なテスト結果が確実に得られます。
  • 電気校正モジュールによって高速かつ正確に校正できます。光校正は必要ありません。
  • 50 μmファイバと62.5 μmファイバのコンポーネントのサポート。
  • 内蔵のアベレージ・パワー・メータ。
  • 目的のテスト条件に合わせて光トランスミッタの出力パワーの選択が可能
  • SCPIリモート制御