検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

垂直軸ノイズの構成成分への分解:

  • ランダム雑音(RN)
  • 周期干渉(PI)
  • デターミニステック干渉(デュアルDiracモデル)(DI)
  • データ依存干渉または符号間干渉(ISI)

仕様ビット・エラー比に対する全干渉(TI)の予測

高(1)レベルと低(0)レベルの累積平均

全測定結果の表形式での表示

結果のグラフィック表示:

  • ビット当たりの符号間干渉
  • RN/PIヒストグラム
  • 全(コンポジット)干渉ヒストグラム
  • バスタブ曲線(実測/外挿)
  • 干渉周波数スペクトラム

UIで設定可能な垂直軸解析位置

オシロスコープの雑音補正(以下のどちらかを選択):

  • 雑音を直接測定
  • ユーザ入力値

任意のデータ・パターンまたは周期的なデータ・パターン

セットアップ・ウィザードによる信頼性の高いセットアップ

概要

Keysight Technologiesの90000A/90000X/90000QシリーズInfiniiumオシロスコープ用ノイズ分解ソフトウェアを使用すれば、垂直軸(電圧)領域で高速デジタル・インタフェースの統計解析を行うことができます。長年にわたるEZJit+ジッタ分離ソフトウェア(N5400)による確度の高い水平軸(時間)解析を補完します。リアルタイム・オシロスコープで、両方の領域の問題の測定結果の統計解析が行えるようになりました。