検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

主な特長:

  • OSV 64997Aは、InfiniiVision 2000/3000/4000/6000 Xシリーズ オシロスコープに対応します。
  • InfiniiVisionオシロスコープの選択に応じて、1.5 GHzまでの帯域幅のスペクトラム解析が可能です。
  • シングル/デュアル・チャネル測定および表示(チャネル1と3)
  • フリーラン/トリガード測定、シングル/連続掃引モード
  • スペクトログラム測定(スペクトラム対周波数対時間)により、時間変動する信号を垂直/水平/ウォーターフォール表示モードで解析することができます。
  • 複数台のオシロスコープを設定して、複数の測定器間をすばやく切り替えることができます。

スペクトラム測定:

  • パワー(dBm)対周波数
  • 水平軸(X軸):中心周波数と周波数スパン、またはスタート周波数とストップ周波数を指定します
  • 垂直軸(Y軸):基準レベル(dBm)とスケール(dB/div)を指定します
  • 設定可能な分解能帯域幅
  • タイム・ドメイン・データにフラット・トップ、ガウシアンまたはハニング窓を適用することによる、FFT解析
  • ピーク振幅マーカと中心周波数マーカ
  • 時間変動信号には、マーカ・ピーク・サーチを使用可能
  • マルチ・マーカ(デルタX/デルタY読み値)

収集モードと表示モード:

  • フリーラン(連続)、トリガード、ストップ、シングル、プリセット
  • トリガード・モード:トリガ・パワー・レベル(dBm)、シングルまたは連続掃引を指定します
  • Y軸ラベルのオン/オフ
  • メイン・トレース表示のオン/オフ
  • 最大値ホールド表示モード

任意波形発生器信号源制御(InfiniiVisionオシロスコープのみ):

  • 20 MHz正弦波
  • 10 MHz方形波
  • パルスド波形
  • OSVの実行中に波形発生源の設定を変更して、対話形式で信号を発生させて解析することができます

概要

The Oscilloscope Spectrum Visualizer (OSV)ソフトウェアは、InfiniiVisionシリーズ オシロスコープの高度なFFT周波数ドメイン解析をお求め安い価格で提供するコスト・パフォーマンスの高いソフトウェアです。OSVソフトウェアは、周波数ドメインFFT解析を実行できるように、InfiniiVisionシリーズ オシロスコープの機能を拡大します。また、使いやすいユーザ・インタフェース、パラメータ/制御設定、RFエンジニアにお馴染みのマーカ機能を使用して、スペクトラム/スペクトログラム解析を行うことができるので、従来のオシロスコープFFTソリューションよりも優れています。この新しい機能を用いることにより、デザインの性能をより詳細に解析することができるので、問題が発生した場合にデバッグ時間を短縮できます。

**オシロスコープ・コード・バージョン2.11以上が必要です**

サポートしているオシロスコープ:
測定器モデル 帯域幅 最高サンプリング・レート 波形発生源
Infiniivision 2000 Xシリーズ オシロスコープ 70、100、200 MHz 1Gサンプル/s あり
Infiniivision 3000 Xシリーズ オシロスコープ 100、200、350、500 MHz 2Gサンプル/s あり
InfiniiVision 4000 Xシリーズ オシロスコープ 200、350、500 MHz、1、1.5 GHz 5 Gサンプル/s あり
InfiniiVision 6000 Xシリーズ オシロスコープ 1, 2.5, 4, 6 GHz 20 Gサンプル/s あり