検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 4チャネル/プローブ
  • チャネルごとにカスタマイズ可能なマッピング(方向とびレーン番号)
  • はんだ付けされ交換可能なZIFチップ
  • オプションの外部基準クロック信号源ケーブル
  • 低容量負荷
  • PCIe 2.5 Gb/s、5.0 Gb/s、8.0 Gb/sのサポート
  • 1本のプローブで、片方向または双方向のx1/x2レーン幅、または片方向のx4をサポート
  • 動作温度範囲:0 °C~+55 °C

概要

U4324フライング・リード・プローブは、U4301A PCIe Gen3プロトコル・アナライザ・モジュール用のKeysightプロービング・ソリューションです。フライング・リード・プローブは、片方が5本のケーブル状、もう一方はポッド状になっています。5本のケーブルのうち4本では、PCI Express差動信号を捕捉できます。5番目のケーブルは、プローブをDUTのオプション外部基準クロックに接続するためのものです。ポッド側は、U4301A PCIe3プロトコル・アナライザのポートに接続します。4本のケーブルは、交換可能なN5426A ZIF(Zero Insertion Force)チップに接続し、チップをDUTのチャネルにはんだ付けします。基準クロック・ケーブルには、DUT基準クロック出力ソースに取り付ける3ピン・ヘッダが必要です。3ピン・ヘッダは、U4322Aミッド・バス3.0プローブのオプション外部基準クロック用3ピン・ヘッダと同じです。

U4301A PCIe3プロトコル・アナライザには最大4個のフライング・リード・プローブを接続でき、最大16個の片方向チャネルまたは最大8個の双方向チャネル(4個のフライング・リード・プローブ)を提供します。フライング・リード・プローブごとに、U4301Aプロトコル・アナライザ・プローブでマッピングでき、x1またはx2の片方向または双方向、あるいはx4の片方向に接続することができます。x4の双方向またはx8の片方向をサポートするには、2本のフライング・リードが必要です。

このフライング・リードはPCI Express 2.5 Gb/s、5.0 Gb/s、8.0 Gb/sをサポートし、0 °C~+55 °Cの温度範囲で適切に動作します。各フライング・リード・プローブには固有のシリアル番号があり簡単にトラッキングできます。