検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • VNAやTDRなどの測定器を追加しなくても、ケーブル、フィクスチャ、スイッチのS21挿入損失を評価し補正できます。
  • Infiniiumオシロスコープに接続されているすべてのプローブのプロービング周波数応答を測定し補正することができます。
  • 各プローブの周波数応答と位相を同じにすることにより、複数のプローブで一貫性のある測定を実現します。
  • PrecisionProbeが作成した特性評価ファイル(s2pまたはtf2)は、複数のオシロスコープ間およびチャネル間で共有できます。
  • シンプルな自動化により、スイッチの損失を除去します。
  • ハードウェア内でのフィルタリングにより、Infiniiumデータ・アクセラレータを使用して更新速度を向上できます。
  • プローブおよびケーブルを数分で評価できます。

概要

PrecisionProbeソフトウェアを使用すれば、プローブ・システム全体(ケーブルやスイッチも含め)を迅速に評価することができます。革新的なこのソフトウェアでは、90000 Xシリーズおよび90000Aシリーズ オシロスコープの高速「CAL出力」信号を活用して、ケーブルやプローブを適切に評価することができます。

また、他の測定器を追加しなくても、システム内の必要なエレメントを迅速(通常5分以内)かつ正確に評価することができます。

PrecisionProbe:

  • カスタム・プローブ伝送関数(=VOut / VIn)を適切に作成
  • VOut / VInc=VOut / VSrcなどのプロービングされたシステムの伝送関数を適切に評価
  • 不要なS21ケーブル損失の除去

システム内のすべてのプローブおよびケーブルが、1つのモデルの使用によって生じる不確かさを伴わずに、プローブ間またはケーブル間で同じ応答を示します。カスタム・プローブは適切に評価され、不要な応答は除去されます。

PrecisionProbeはケーブルを評価するだけでなく、同じ測定器であれば即座に使用できるようにします。PrecisionProbeを90000 Xシリーズおよび90000Aシリーズ オシロスコープを組み合わせれば、複雑で高価な測定器を追加しなくても、各測定システムを評価し、5分以内に使用することができます。PrecisionProbeは、時間と費用を節約し、確度を向上します。

PrecisionProbeを使用すれば、Infiniimaxプローブで増幅器とプローブ・ヘッド間のスイッチをと接続する際に、各プローブ経路を完全に補正して自動化できます。完全な自動化により、入力を迅速に交換することができます。