検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

86122B マルチ・ウェーブレングス・メータ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

  • 最大レーザ・ライン入力数: 1000
  • 波長範囲:1270~1650 nm(182~236 THz)
  • 波長絶対確度:±0.2 ppm (1550 nmおよび1310 nmで±0.3 pm )、レーザ・ライン間隔が≧10 GHzのとき

概要

Keysightの新しい86122Bマルチ・ウェーブレングス・メータは、現在および将来の高速アプリケーション用の波長可変トランスミッタ・レーザ光源や光サブシステムの開発、製造、検証に最適です。

新しい86122Bマルチ・ウェーブレングス・メータは、実証済みの86122Aの最新バージョンです。進行中のサポートや製造可能性を考慮して改良され、現在のコンピュータ環境に対応できるようにアップデートされました。24時間/週7日連続テストでの高くつくダウンタイムを最小に低減するために、十分に配慮しています。新バージョンの86122Bは、86122Aとの下位互換性を維持しながらも、フロント・パネルの2個のUSBポートに、USBフラッシュ・メモリ、マウス、キーボードを接続して利用することもできます。

特長:

  • 0.5 s以内の波長スキャン
  • 波長確度:±0.3 pm
  • 高いレーザ入力パワー:+10 dBm(安全入力レベルは+18 dBm)
  • 高度な内蔵測定アプリケーション(ドリフト、OSNR、データ・ロギング、FPレーザ評価)
  • 内蔵のHeNeレーザ波長標準

利点:

  • 高速波長スキャンにより、光デバイスの波長評価を2倍高速に実行できます。
  • 優れた波長確度により、高密度WDMシステムを正確に評価でき、チャネル波長のシフトや隣接チャネル内のクロストークを検出できます。
  • アッテネータなどを追加しなくてもトランスミッタをテストできます。
  • 内蔵アプリケーションにより、優れたスタンドアロン・テスト・ステーションを実現し、最小のフットプリントでコストの高いテスト手順の開発を軽減できます。
  • 内蔵HeNeレーザが正確なリアルタイム絶対波長測定を常に保証するため、正確で再現性の高い実験結果を得ることができます。

この製品は、Windows版Foxit Reader  を使用しています。