検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

SystemVue ESL Design SoftwareW1917EP 無線LANベースバンド検証ライブラリは、Keysight SystemVue用のレイヤー1シミュレーション・リファレンス・ライブラリです。W1917のブロックセット、リファレンスデザイン、テストベンチを使用すれば、ネットワーク規格802.11a/b/g/n/pおよび802.11ac/ahに対応する物理層波形を設定できるので、マルチフォーマット無線機を簡単にデザイン/検証できます。Bluetooth 4.1 Low Energy(LE)およびEnhanced Data Rate(EDR)用のリファレンスもあるので、W1917はスマートフォンの検証に最適なアドオンです。

W1917 リファレンス検証ライブラリの利点

  • コンピューター、4Gハンドセット、セットトップボックス、メディアストリーミング、医療、自動車、軍事アプリケーション対応の次世代の無線インタフェースのデザイン/検証に最適です。
  • 802.11a/b/g/n/p、802.11ac/ah、Bluetooth 4.1 Low Energy(LE)、Enhanced Data Rate(EDR)の物理層のレイヤー1アルゴリズム/ハードウェア検証用のシミュレーションブロックセットと設定可能なTX/RXリファレンスデザインを提供します。
  • ブロックセットとオープンなリファレンスデザインを使用して、RFコンポーネントの検証やシステム/BERアーキテクチャーの研究に加えて、ベースバンドの相互運用性、干渉、旧世代との互換性を調べることができます。
  • キーサイトの信号発生器での波形生成や、シグナルアナライザと89600 VSAソフトウエアを利用したキャプチャ信号の復調、さらにW1716 DPDビルダなどSystemVueの各種ユーティリティとの連携も可能です。

 

The 802.11ac library provides a working baseband PHY reference design

図1.802.11acライブラリは、規格準拠のベースバンドPHYリファレンスデザインに加えて、コンセプト検討から実測による検証まで一貫したモデルベースデザインフローを提供します。

 

The WLAN 802.11ah library contains over 60 custom blocks

図2. 無線LAN 802.11ahライブラリには、LDPCコーディングを含む60種類を超えるカスタムブロックが含まれており、産業用/IoT向けシステムの評価が可能です。

 

W1917 Bluetooth 4.1 Low Evergy reference source

図3. W1917には、Bluetooth 4.1 Low Energy基準信号源が含まれています。これにより、スマートフォンの接続性や相互運用性を検証するためのテストベクターが提供されます。

構成

W1917無線LANベースバンド検証ライブラリは、任意のSystemVue環境またはバンドルにオプションとして追加できます。Keysight 89601B VSAソフトウェアオプションB7R、B7Z、BHJと組み合わせて使用できます。

SystemVueのすべての構成を見るには下のリンク先を参照してください。