検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例の参考価格(税抜) ¥ 1,839,956

構成例

W6152A Digital cable TV measurement application for CXA

  • W6152A-3FP J.83 Annex B measurement application for CXA, fixed perpetual license
  • W6152A-2FP DVB-C/J.83 Annex A/C measurement application for CXA, fixed perpetual license

構成例の参考価格(税抜) ¥ 1,839,956

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

信号解析

  • DVB-C(J.83/A)、J.83/B、J.83/C(ISDB-C)規格
  • トランスミッタRF測定
  • 規格に基づいた合否判定機能付きワンボタン測定と標準デフォルト設定
  • CXAシグナル・アナライザ内で実行(最高7.5 GHzモデル)

測定機能

  • パワー測定:チャネル・パワー、ACP、CCDF、SEM
  • 変調精度測定:コンスタレーション、MER/EVM(MER RMS/ピーク)、BER、周波数誤差、振幅誤差、位相誤差、直交誤差、振幅不平衡
  • チャネル周波数応答、チャネル・インパルス応答
  • シンボル・レート、アダプティブ・イコライザ、測定インターバル、帯域外フィルタリング、フィルタα、BERカウントなどの高度な設定の提供

性能

  • パワー確度:最大±0.61 dB(95パーセンタイル)
  • スペクトラム・エミッション・マスク・ダイナミック・レンジ(4.2 MHzのオフセット):最大84.5 dB(代表値91.7 dB)
  • MERフロア:最大39.2 dB(公称値、DVB-C、64 QAM、アダプティブEQオフ)
  • 解析帯域幅:最高25 MHz

その他の特長

  • ライセンス・キーでアップグレード可能
  • 固定およびトランスポータブルライセンス利用可
  • SCPIリモート・ユーザ・インタフェース

概要

W6152Aデジタル・ケーブルTV測定アプリケーションには、3つのケーブル経由のデジタル・ビデオ放送規格が含まれています。J.83/A(DVB-C)、J.83/B(DOCSIS DS)、J.83/C(ISDB-C)です。DVB-Cは、主に欧州とアジアで使用されている、ケーブル経由でデジタル・テレビ放送を伝送するためのDVB欧州コンソーシアム規格です。J.83/Cは、主に日本で使用されISDB-Cとも呼ばれている規格です。チャネル帯域幅(J.83/Cは6 MHz、DVB-Cは8 MHz)とベースバンド・フィルタのロールオフ係数を除くと、DVB-Cと同じ構造です。J.83/Bは、北米で普及しDOCSIS DS物理層と同じですが、FECコーディングが大幅に異なり、6 MHzの帯域幅を占有しています。

Keysight W6152Aを使用すれば、規格に準拠したパワー/変調解析機能をボタン1つで利用して、デジタル・ケーブルTVのエキサイタ/トランスミッタをデザイン、評価、製造できます。さらに、MXAシグナル・アナライザのオプションのアナログ・ベースバンドIQ入力を使用することにより、RF入力またはアナログIQ入力で信号品質および変調精度を測定できる柔軟性を提供します。

RFトランスミッタ、変調器、コンポーネントのテスト

  • 標準プリセットと自動検出を備えたワンボタン測定により速度が向上
  • 複数の変調品質測定によりDUTのフル能をテスト可能
  • 高度な設定により、研究開発部門でのトラブルシューティングに対応可能
  • 製造テストの効率を高めるリモートSCPIコマンド

関連する業種&テクノロジー