検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N9064A-2FP 柔軟なデジタル変調解析測定アプリケーション、固定永久ライセンス

購入窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

信号解析

  • 変調方式: FSK、MSK、BPSK、QPSK、OQPSK、DQPSK、8PSK、D8PSK、QAM、APSK、VSB
  • フィルタータイプ: RC、RRC、IS-95、ガウシアン、EDGE、Rect、ハーフサイン、ユーザー定義、アダプティブイコライザー
  • α/BT: 0.05~10
  • プリセット: >25(APCO25 Phase 2、DECT、TETRA、GSM/EDGE、NADC、Bluetooth®ZigBee、Wi-SUN(MR-FSK PHY)

測定

  • 残留EVM、1 MHz QPSK信号: <0.5 %(プラットフォームに依存)
  • EVM、EVM対時間、EVM対周波数、IQコンスタレーションダイアグラム

その他の特長

  • オプション1FPが必要 
  • ライセンスキーでアップグレード可能 
  • トランスポータブルライセンスで使用可能(オプション2TP)
     

概要

N9064Aオプション2FP(89601XオプションAYAの後継製品)は、単一搬送波、単一変調信号の性能の検証/評価に必要な汎用変調ツールを提供します。

強力なエラー解析ツールで結果を評価

  • 性能限界条件でシステムを評価可能
  • 入力信号の位相と振幅を理想基準信号と比較可能
  • 時間平均エラーを、シンボル単位または単一の%値で解析
  • EVMタイムまたはスペクトラムにより系統的な障害を発見
  • コンスタレーション/アイ・ダイアグラム、EVMトレース、最大4つの同時表示など、使いやすい測定/表示ツール

より多くのデータ収集

  • イコライザを使用して、I/Q変調信号のフラットでない周波数応答、マルチパス、群遅延歪みなどのリニア・エラーを除去可能
  • サマリ結果テーブルにより、ビットのコード化エラーや間違ったフィルタ係数などのDSPエラーを発見可能