検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

81250 ParBERTモジュール(N4872A, N4873A)

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

  • データ・レート範囲:620 Mb/s~13.5 Gb/s

一般仕様

  • データ範囲:620 Mb/s~13.5 Gb/s
  • 差動/シングルエンド入力または出力
  • 疑似ランダム・ワード・シーケンス(PRWS)、最大231-1の標準PRBS、最大64 Mbのメモリ・ベース・パターンの生成と解析

ジェネレータ・モジュール

  • 出力振幅/分解能0.1 Vpp~1.8 Vpp /5 mV
  • 遷移時間(20 %-80 %):<20 ps
  • ジッタ:< 9 ps p-p(代表値)
  • ジッタ変調帯域幅 遅延ラインのDC~1 GHz

アナライザ・モジュール

  • 最小検出可能パルス幅:25 ps(代表値)
  • 位相マージン:1 UI-12 ps(代表値)
  • 入力感度:50 mVpp(代表値、10 Gb/s PRBS 231-1およびBER 1012で)
  • クロック・データ・リカバリ範囲:1.058~1.6 GHz、2.45~3.2 GHz、4.8~6.4 GHz

概要

Keysight ParBERT 13.5Gb/sモジュールは、半導体および通信業界のさまざまなテクノロジーやアプリケーションを対象とした高速通信ポート、コンポーネント、チップ、モジュールのテストに最適なソリューションです。

Keysight N4872A 13.5 Gb/sジェネレータ・モジュールとN4873A 13.5 Gb/sアナライザ・モジュールは、それぞれVXI 1スロット幅であり、E4809Aセントラル・クロック・モジュールが必要です。ParBERT 13.5 Gb/sモジュールは、620 Mb/s~13.5 Gb/sのデータ・レートの差動またはシングルエンド信号の生成と解析が可能です。

ParBERT 13.5 Gb/sモジュールから構成されるKeysight ParBERT 81250は、次のようなアプリケーションに最適です。

  • 10ギガビット・イーサネット(10.3 Gb/sおよび9.953 Gb/s)
  • 10ギガビット・ファイバ・チャネル(10.51875 Gb/s)
  • 6.25~6.4 Gb/sの計算およびデータ分配(対象規格:Infiniband、Serial ATA、PCI-Express、Firewire、Rapid I/O、バックプレーン、メモリ・バスなど)
  • OC-768/STM-256 (4x10.8 Gb/s)
  • OC-192/STM-64(1x10.8 Gb/sおよび16x675 Mb/s)
  • 製造における複数のシリアルOC-192デバイスの同時テスト
  • 疑似ランダム・ワード・シーケンス(PRWS)、メモリ・ベース・パターン、最大231-1の標準PRBSの生成
  • ユーザ定義データ、PRBS、またはパラレル・ポートからのミックスド・データによるビット・エラー比の解析
  • 620 Mb/s~13.5 Gb/sのデータ・レートの差動またはシングルエンド信号の生成と解析

ジェネレータ・モジュール:

  • データ範囲:620 Mb/s~13.5 Gb/s
  • 出力振幅/分解能0.1 Vpp~1.8 Vpp /5 mV
  • 遷移時間(20 %-80 %):<20 ps
  • ジッタ:< 9 ps p-p(代表値)
  • ジッタ変調帯域幅 DC~1 GHz
  • 外部クロック入力:620 MHz~13.5 GHz
  • クロス・ポイント調整: 20% - 80%

アナライザ・モジュール:

  • データ範囲:620 Mb/s~13.5 Gb/s
  • 最小検出可能パルス幅:25 ps(代表値)
  • 位相マージン:1 UI-12 ps(代表値)
  • 入力感度:50 mVpp(代表値、10 Gb/s PRBS 231-1およびBER 1012で)
  • 外部クロック入力:620 MHz~13.5 GHz
  • クロック・データ・リカバリ範囲:1.058~1.6 GHz、2.45~3.2 GHz、4.8~6.4 GHz