検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 最大2047個の独立パルスでパルス・シーケンスの作成が可能
  • パルスごとに幅や間隔の変更が可能
  • 単一のイベント・トリガでパルス列に対してトリガ可能
  • フロント・パネルのGUIまたはPCのスプレッドシートで、パルス列を定義可能
  • パルス列のパターンをCSVファイルでインポート可能
  • SCPIコマンドによる容易な自動化

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

パルス・シーケンスが容易に

オプション320により、レーダ/通信/トラッキング/ナビゲーション・システムで使用されているさまざまなパルスドRF信号を、シンプルでコスト・パフォーマンスの高い方法で作成することができます。それぞれ固有のパルス幅/パルス間隔を持つ最大2047個の個別パルスを使って、シーケンスを簡単に作成することができます。

代表的なアプリケーション

レーダのデザインでは、オプション320を使用して、現実的な信号をシミュレートしてレーダ・レシーバをさまざまな条件でテストすることができます。
注記:オプション320には、オプションUNU(パルス変調)またはUNW(高速パルス変調)が必要です。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます