検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

デュアル・チャネル機能

  • 周波数/振幅結合機能、差動出力/結合出力

波形発生器

  • 30 MHz、デュアル・チャネル・モード、正弦波/方形波/パルス帯域幅による、より多くのアプリケーションへの対応
  • 40 ps未満のジッタと0.04 %未満の全高調波歪みによる、より正確な信号の発生可能
  • 250 Mサンプル/s、16ビットのサンプリング・レートによる、より時間分解能の高い任意波形の作成が可能
  • 真のポイント単位の任意波形による、ユーザ定義の信号のより正確な作成

機器の特長

  • 16 Mサンプル/チャネルの任意波形メモリ・オプション
  • 大型カラー・グラフィック・ディスプレイ搭載で、わかりやすい操作
  • TCXOタイムベースを標準装備。オプションで超高安定OCXOを用意
  • USB/LAN(LXI-C)インタフェースを標準装備しているので、使用および接続が簡単。オプションでGPIBを用意

波形の作成と編集

概要

ご覧になるためには、ブラウザのJavascriptを有効にしてください。また、Adobe Flash Player が必要です。

Flash ダウンロード 

Keysight 33522Aは、2チャネルの30 MHzファンクション/任意波形発生器です。Keysight 33522Aは、最高の信号忠実度を備えています。また、画期的なテクノロジーの実装により、より正確な任意波形を作成できます。同じクラスの他のどの機器よりも10倍ジッタ性能に優れ、難しい測定でも、信号周波数を正確に制御できます。

33522Aモデル固有の機能として柔軟なデュアル・チャネル・モードがあり、周波数/振幅の結合、差動チャネル、コンバイン出力チャネルを提供しています。この機能は、2つの異なる信号のタイミング/相互作用によって適切に動作するデバイス(心臓のペースメーカなど)をテストするアプリケーションに特に有用です。

関連する業種&テクノロジー