検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

業界最高速のリアルタイム・オシロスコープ

  • 20 GHzの真のアナログ帯域幅、業界最大の帯域幅までアップグレード可能:32 GHz
  • 80 Gサンプル/sのサンプリング・レート(2チャネル)/40 Gサンプル/sのサンプリング・レート(4チャネル)
  • 最大2 Gポイントの業界最長のメモリ(20 Mポイントのメモリを標準装備/DSAモデルには50 Mポイントのメモリを標準装備)

最高のリアルタイム・オシロスコープ測定確度

  • 業界最大の真のアナログ帯域幅(主要競合メーカのアナログ帯域幅の2倍)
  • 業界最小のオシロスコープ・ノイズ・フロア(50 mV/divで2.31 mVrms)
  • 最小の測定ノイズ・フロア (<100 fS)

業界初の30 GHzオシロスコープ・プロービング・システム

  • フルカスタム・プローブ・アンプのSパラメータ特性により、個々のプローブ・アンプの正確なプローブ補正が可能
  • 業界初の帯域幅のアップグレードが可能なプローブにより、進化するプロービング・ニーズにも対応可能

業界で最も包括的なアプリケーション専用の測定ソフトウェア

  • 豊富なジッタ/トリガ/解析/プロトコル・ツール
  • 標準化委員会の一員である当社のエンジニアの専門知識に基づいてプリビルドされたコンプライアンス・テスト・ソフトウェア。入手可能なコンプライアンス・アプリケーションの表示
  • FibreChannel、SAS 12G、MIPI-NPhy、GDDR5、PCIe gen 3などの最新のテクノロジーのサポート

概要

最新の高速シリアル・バス・テクノロジーの配備、広帯域RF信号のスペクトル成分の識別、過渡的な物理信号の解析では、被試験信号を正確に表示する必要があります。Keysight Infiniium 90000 Xシリーズ・オシロスコープは、32 GHzの真の帯域幅を備えています。Keysightは、独自の集積回路プロセスに投資することにより、ノイズ・フロアとジッタ測定フロアを業界最小に抑えながら、高周波機能を実現しました。このため、90000 Xシリーズは、32 GHzの真のアナログ・ハードウェア性能を備えています。他のベンダは、ハードウェア・テクノロジー・ブロックが16 GHzに限られているため、デジタル信号処理のブーストや周波数ドメイン・インタリーブなどのさまざまな手法を採用することによって、オシロスコープの帯域幅仕様の向上を図っています。しかし、、測定確度に悪影響が及ぶため、雑音密度が高くなり、歪みが大きくなります。90000 Xシリーズは、雑音を最小限に抑え、業界最小のジッタ測定フロアを実現しているので、優れた測定確度が得られます。

付属のプロービング・システムは、28 GHzのアクセサリをフルに備え、30 GHzまでブラウジングできます。将来、帯域幅をアップグレードすることも可能です。