検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

SystemVue ESL Design SoftwareW1914 DVB-x2ベースバンド検証ライブラリは、DVB-T2トランスミッタはもちろん、DVB-S2 SatCommトランスミッタ/レシーバ用のシミュレーション・ブロックセットおよび設定可能なIPリファレンス・デザインを提供します。SystemVue 2011.03では、このライブラリでISDB-Tもサポートしています。


W1914ライブラリを使用すれば、システム・デザイナは、リンク・レベルのアーキテクチャおよびアルゴリズムを調査できます。また、レシーバ・デザイナは、アルゴリズム(.mファイルまたはC++)またはハードウェアのデザイン段階でレシーバのデザインをテストするために、正確に設定されたフェージング信号を作成できます。


W1914のシミュレーション波形をテスト機器にリンクさせることにより、シミュレーションから測定環境に直接入って検証を続け、同じスクリプト、テスト・ベクタ、処理を活用することも可能です。

SystemVueベースバンド検証ライブラリについて
ベースバンド検証ライブラリは、コンパイル済みの信号源/レシーバ/ファンクションのブロックおよび、最新規格の物理層に準拠したリファレンス・デザインを提供します。これらを使用すれば、システム・ダイアグラムのさまざまな箇所で物理層波形やテスト・ベクタの作成、解析、受信を行って、システム・アーキテクチャやアルゴリズムをブロック・レベルまで解析できます。ネイティブTCP/IP接続により、ベースバンドと変調搬送波信号の両方を対象にした、テスト機器やハードウェア開発ボードとの協調設計もサポートされます。

W1914 DVB-2 Screen構成
W1914 DVB-x2ベースバンド検証ライブラリ
はすべてのSystemVue環境またはバンドルに追加できます。W1914はどのバンドルにも含まれません。

SystemVueライブラリの詳細については、SystemVueベースバンドおよび研究検証ライブラリを参照してください。
SystemVueのすべての構成を見るには下のリンク先を参照してください。