検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 221,804

構成例  

構成例

N5468A I2S decode and triggering, fixed perpetual license

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • I2Sシリアル・バス・トリガ
  • I2Sハードウェア・プロトコル・デコード
  • 信号調整
  • 複数のトリガ選択
  • このソフトウェア・オプションは、Keysight InfiniiVision 5000/6000/7000シリーズの4チャネル・モデルでのみ動作します。

概要

I2S(Inter-IC SoundまたはIntegrated Interchip Sound)は、デジタル・オーディオ・デバイス同士を接続するためのシリアル・バス・インタフェース規格であり、コンパクト・ディスク、デジタル・オーディオ・テープ、デジタル・サウンド・プロセッサ、デジタルTVサウンドなどが対象です。I2Sなどのシリアル・バスをデバッグする従来の方法として、手動ビット・カウントがあります。しかし、「1」と「0」を目視でカウントする方法は、退屈で誤りを起こしやすいのが欠点です。特に、I2Sは通常2の補数形式でフォーマットされているのでなおさらです。

KeysightのInfiniiVisionシリーズ・オシロスコープ用のシリアル・バス・オプションは、強力なトリガ機能を提供するだけでなく、独自のハードウェア・デコードにより、I2Sバスを採用したオーディオ・デザインのデバッグ時間を短縮します。業界最高速のシリアル・デコード更新速度により、他のシリアル・バス・デコード・ツールでは見逃しがちなランダムなエラーや間欠的なエラー、シグナル・インテグリティの問題なども容易に発見してデバッグできます。