検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 930,404

構成例  

構成例

N1021B Differential TDR Probe Kit

  • 1年間の保証(引取)

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

N1021B差動タイム・ドメイン・リフリクトメトリ(TDR)とタイム・ドメイン伝送プローブキット

  • 帯域:>18GHz
  • 公称100Ω特性インピーダンス
  • チップのピッチ間隔が可変:0.5mm~2.54mm
  • バネ内蔵のチップでZ軸方向へ独立して移動可能

概要

N1021B差動タイム・ドメイン・リフリクトメトリ(TDR)/タイム・ドメイン伝送(TDT)プローブキットの詳細

N1021Bは、使いやすいデザインのハンドヘルド・プローブで、一般的な同軸高周波コネクタがないプリント基板(PCB)やコンポーネントに54754AなどのTDR/TDTモジュールを接続する際に使用します。内蔵ホイールにより、閉じたピンから代表的なICピン間隔(2.54 mm)のパッドやアクセス・ポイントと容易に接触できるように、差動チップ間のピッチを調整できます。

開発エンジニアは、被試験デバイス(DUT)がデザインのシグナル・インテグリティ(SI)に悪影響を及ぼす反射を引き起こしている場所を解析できます。製造ラインでは、バッチ間のプロセスの一貫性を制御したり、ショート、オープンまたはその他の欠陥の位置を特定することができます。

N1021Bプローブは以下と組み合わせて使用します。 a)業界標準の86100C Infiniium DCA-J広帯域オシロスコープ・メインフレーム、b)86100C-202拡張インピーダンス/Sパラメータ・ソフトウェア、c)54754A差動/シングルエンド型TDR-TDTモジュール。N1021Bプローブは、DUT(被試験デバイス)に小さな電気ステップ信号を印加し、その応答を受信します。その結果をタイム・ドメインで、またはSパラメータ(SDD11、SDD22、SDD21またはSDD22)として表示します。タイム・ドメイン測定では、反射電圧を表示したり、インピーダンス対時間または距離をモニタできます。Sパラメータ測定には、振幅、位相、群遅延が含まれます。

N1021Bキットの構成要素:
数量 概要 部品番号*1
1 差動TDRプローブ(本体)
1 2本の等長の同軸ケーブル (1 m) N1021-60003
2 SMA ショート (オス)  0960-0055
2 SMA ロード 50 Ω (オス)  1810-0118
2 SMA アダプタ (メス-メス)  1250-1666
1 ポジショナ・アダプタ(2個の2.5 mmネジと1個のアレン・レンチが付属) N1021-60008
1 ESD リスト・ストラップ 9300-1367
1 ESD リストストラップ用コード 9300-0980
1 ESD警告ラベル・ステッカー
1 ユーザーズ・ガイド(印刷版またはCD版)
1 梱包箱

*1 交換部品は、キーサイトの電子計測器の部品カタログで購入できます

N1021B

Keysight N1021B TDR 18 GHz差動TDRプローブ・キットは、SMA同軸コネクタが装着できないプリント回路基板やコネクタ等の差動インピーダンス測定に理想的な差動TDRプローブとアクセサリから構成されたキットで、86100 Infiniium DCA広帯域オシロスコープと54754A差動TDR/TDTモジュールを組み合わせた"TDRオシロ"に最適化されています。