検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N6158A CMMB測定アプリケーション

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

信号解析

  • CMMB規格をサポート
  • トランスミッタRF測定、PXA BBIQまたはMXA BBIQハードウェアによるアナログ・ベースバンド測定
  • 規格に基づいた合否判定機能付きワンボタン測定および自動検出
  • PXA、MXA、EXAシグナル・アナライザ内部で動作

測定機能

  • パワー測定:チャネル・パワー、ショルダー減衰、ACP、CCDF、OBW、SEM
  • 変調精度測定:コンスタレーション、MER/EVM(MER RMS、副搬送波別MER、データ/連続パイロット/散乱パイロット別MER、MER対タイムスロット)、周波数誤差、振幅誤差、位相誤差、直交誤差、振幅不平衡
  • チャネル周波数応答、チャネル・インパルス応答、スペクトラム・フラットネス
  • CMMB信号の自動検出または手動設定。イコライゼーション・スイッチ、スロットごとの復調シンボル、帯域外フィルタリング、クロック・レートなどの高度な設定が可能。

性能(ハードウェアに依存)

  • パワー確度:最大±0.19 dB(95パーセンタイル)
  • ショルダー減衰ダイナミック・レンジ:最大98.4 dB(代表値103.7 dB)
  • MERフロア:最大48 dB(1~39タイムスロット、16QAM、EQオフ)
  • 解析帯域幅:PXAで最大140 MHz、MXA/EXAで最大40 MHz

その他の特長

概要

CMMB測定アプリケーションは、Keysight Xシリーズの22種類以上の高度な測定アプリケーションのうちの1つです。Xシリーズは、測定システム、測定機能、ソフトウェアを含む、進化する信号解析手法であり、シグナル・アナライザを規格に基づいたトランスミッタ・テスタとして使用できます。CMMBアプリケーションを使用すれば、規格に準拠したパワー/変調解析機能をワンボタンで実行でき、CMMB変調器、トランスミッタ、増幅器、チューナ、ギャップ・フィラー/リピータを簡単に設計/評価/製造できます。MXAシグナル・アナライザのオプションのアナログ・ベースバンドIQ入力を使用することで、CMMBアプリケーションは、RF入力またはアナログIQ入力で信号品質および変調精度を測定できる柔軟性を提供します。

RFトランスミッタ、変調器、コンポーネントのテスト

  • 標準プリセットと自動検出を備えたワンボタン測定により速度を改善
  • 複数の変調品質測定によりDUTのフル能をテスト可能
  • 研究開発でのトラブルシューティングに有効な高度な設定
  • 製造テストの効率を改善するリモートSCPIコマンド

関連する業種&テクノロジー