検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • インタポーザ・プローブにより、DIMMコネクタとKeysightロジック・アナライザを簡単に接続可能
  • あらゆる240ピンDDR3 SDRAM DIMMで使用可能
  • レジスタードおよびノンレジスタードDIMMをサポート
  • 負荷がフルにかかったメモリ・バスへのアクセスが可能
  • 最大1600 MT/sプロトコル・デコード
  • リード/ライト・トランザクションの同時捕捉
  • 信号に影響を与えないインタポーザのデザイン、優れたシグナル・インテグリティにより、ターゲット・システムで適切に動作
  • DDR3アイ・ファインダ・ソフトウェアにより、リード/ライト・データの正確なサンプリングが可能

概要

N4835Aアドバンスド・スロット・インタポーザ・プローブにより、コンピュータ・システムの240ピンDDR3 DIMMへの接続が容易になります…このプローブを使用すると、DDR3信号をロジック・アナライザに伝送できるので、信号忠実度を維持した状態でプロトコル/タイミング解析が容易に実行できます。.プローブに付属のDDR3アイ・ファインダ・ソフトウェアを使用すると、サンプリング・ポイントを調整して、正確なリード/ライト・データの捕捉を実現できます。プロトコル・デコード・ソフトウェアは、フルのバス速度で、収集した信号をバス・トランザクションに変換します。