検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 真のアナログ帯域幅:最大32 GHz
  • シンボル・レート:最高60 Gbaud
  • 最高240 Gビット/sの解析機能 (DP-(D)QPSK)
  • 解析スパン:最大62.5 GHz
  • 光解析波長レンジ:1528 nm~1630 nm
  • システム・ノイズ・フロア(代表値):1.8 % rms EVM

概要

N4391A Best in Test Image

光変調アナライザでは、40/100 G伝送システムの振幅/位相変調光信号の包括的な特性評価や、最先端のテラビット伝送の研究が可能です。

光変調アナライザの機能:

利点

  • システム性能が仕様化されており、簡単に検証可能なので、テスト結果に対する信頼度が非常に高い
  • 新しい偏頗調整と位相トラッキング・テクノロジーをベースとするカルマン・フィルタにより、最高の柔軟性を備えた高度なプリプロセッシング・アルゴリズムを実現
  • RFの解析ツールとして広く採用いただいている解析エンジンにより、様々なエラーのデバッグが可能となる。

特長

  • スタンドアロン・ソフトウェア・パッケージとして発売((7月1日より)(NEW!)
  • 汎用APSK/PSKデコーダ(NEW!)
  • IQハイブリッド・テストの校正データの変更(NEW!)
  • カラー・コード化/デジタル残光表示ツール(NEW!)
  • ユーザ設定可能なOFDMデコーダ(NEW!)
  • 使いやすいSCPIベースのリモート制御(NEW!)
  • 自由に設定可能な表示(最大20個)(NEW!)
  • CD/PMD測定および補正
  • MATLABコンパイラのデータ処理フローへの統合
  • 100 G/32 Gbaudをフル・サポートするライト・バージョン
  • ループ・トリガ測定のサポート
  • 位相/偏波トラッキングのループ利得のユーザ選択が可能
  • 変調方式とは無関係の偏波調整アルゴリズム
  • 光コンスタレーション・ダイアグラム
  • 光スペクトラム解析
  • エラー・ベクトル振幅解析ツール
  • 実カウントBER
  • 30種類を超える変調方式の中から選択可能
  • 他メーカのデータ・アクイジション・ツールのサポート

関連する業種&テクノロジー