検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

主な性能値

  • 高光出力パワー:+13 dBm
  • 広い波長可変範囲:1520 nm~1630 nm
  • 絶対波長確度:±100 pm
  • 内蔵コヒーレンス制御
  • 誘導ブリルアン散乱(SBS)による光反射の防止

概要

Keysightの81949Aハイ・パワー・コンパクト波長可変レーザを使用すると、ハイ・パワー・レベルでの光デバイスの評価、非線形性の影響の測定が行えます。あらゆる種類の光増幅器、アクティブ・コンポーネント、広帯域パッシブ光コンポーネントのテストを向上させることができます。Keysightの8163A/B、8164A/B、8166A/Bメインフレーム用のシングル・スロット・プラグイン・モジュールとして、シングル・チャネルおよびDWDMテスト・アプリケーション用の柔軟でコスト・パフォーマンスの高い光源です。各モジュールとも、110 nmの全波長レンジをC+Lバンドでカバーします。

利点:

  • 今日の光増幅器のテストに必要な光源を提供します。ブースタ増幅器の追加は必要ありません。
  • 広い110 nmの波長可変範囲で、DUTの評価を1回の掃引で実行できます。
  • 波長計を内蔵しているので、外部波長モニタの必要がなく、測定の不確かさが低減します。
  • 内蔵のコヒーレンス制御により、誘導ブリルアン散乱(SBS)および望ましくないキャビティにより生じた干渉の影響による問題を回避できます。
  • 光ファイバおよび伝送リンク内の非線形性の影響をテストできます。