検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 低容量負荷で、モニタ対象の信号に影響を及ぼすことなく、解析可能
  • マイクロ・スプリングピン・テクノロジーの採用により、ボード表面が不均一または汚れている場合でも、信号パッドへの信頼性の高いコンタクトを実現
  • トップサイド・リテンション・モジュールにより、ボードの裏側へのアクセスが不要
  • PCボード上へのソフトタッチ・フットプリントの組込みが必要(ターゲット・ボード上にコネクタが不要)

概要

Keysight N5345Aソフトタッチ・プローブを使用すると、アダプタを使用せずに、プローブとプリント基板上のターゲットを直接接続でき、N5344A DigRF アナライザの柔軟性が向上します。

N5345A DigRF V4 用ソフトタッチ・プローブを使用すると、信号に影響を与えることなく、高速チップ間通信を解析できます。ソフトタッチ・プローブは、マイクロ・スプリングピン・テクノロジーの採用により、信号パッドへの信頼性の高い接続を実現しています。プローブ・パッドを特別にクリーニングしたり、特別な表面加工を施す必要はありません。

使用可能なモジュール:

  • N5344A DigRF アナライザ・モジュール