検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N6153A DVB-T/H/T2/T2-Lite測定アプリケーション

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

信号解析

  • DVB-T/DVB-H/DVB-T2(バージョン1.1.1と1.2.1と1.3.1)規格:DVB-T2オプションは、モードA(シングルPLP)、モードB(マルチPLP)、SISO、MISO、DVB-T2-Lite測定をサポート可能
  • トランスミッタ/変調器/ギャップ・フィラー/SFNネットワークRF測定、PXA BBIQまたはMXA BBIQハードウェアによるアナログ・ベースバンド測定
  • 規格に基づいた合否判定機能付きワンボタン測定、および自動検出
  • PXA、MXA、EXAシグナル・アナライザ内部で動作

測定

  • パワー測定:チャネル・パワー、ショルダー減衰、ACP、CCDF、スプリアス・エミッション、SEM
  • 変調精度測定:コンスタレーション、TPSデコード(DVB-T)、L1シグナリング(DVB-T2)、MER/EVM(MER RMS/ピーク、副搬送波別MER、データ/パイロット別MER)、BER、周波数誤差、振幅誤差、位相誤差、位相ジッタ、直交誤差、振幅不平衡、搬送波抑圧、MERモニタリング
  • チャネル周波数応答、チャネルインパルス応答(プリ/ポスト/0 dB/GI範囲外エコー・シナリオのためのSFNテストのサポート)
  • DVB-T、DVB-H、DVB-T2、DVB-T2-Lite信号の自動検出または手動設定。イコライゼーションスイッチ、ペイロードタイプ、復調シンボル、帯域外フィルタリング、クロックレート、BERカウントなどの高度な設定が可能。

性能(ハードウェアに依存)

  • パワー確度:最大±0.19 dB(95パーセンタイル)
  • ショルダー減衰ダイナミック・レンジ:最大97.8 dB(代表値102.8 dB)
  • MERフロア:最大50 dB(DVB-T用:2Kモード、64QAM、EQオフ)、最大51 dB(DVB-T2用:32Kモード、256 QAM、コンスタレーション・ローテーション・イエス、EQオフ)
  • 解析帯域幅:PXA:最高160 MHz、MXA/EXA:最高40 MHz(DVB-T2変調精度測定の速度を向上するために、オプションPC4およびDP2を推奨します)

その他の特長

概要

DVB-T/Hアプリケーションは、Keysight Xシリーズの25種類以上の測定アプリケーションの中の1つです。これは、測定システム、測定機能、ソフトウェアを含む進化する信号解析手法であり、シグナル・アナライザを規格に基づいたトランスミッタ・テスタとして使用できます。DVB-T/Hアプリケーションを使用すると、規格に準拠したパワー/変調解析機能をワンボタンで実行できるので、DVB-T/H変調器、トランスミッタ、関連するコンポーネントを簡単に設計/評価/製造できます。DVB-T2は、DVB-T規格の拡張版で、容量は30 %以上増加し、単一周波数ネットワーク(SFN)性能、サービスの信頼性、誤差補正機能が向上し、柔軟な帯域幅や周波数設定を実現しています。

RFトランスミッタ、変調器、コンポーネントのテスト

  • 標準プリセットと自動検出を備えたワンボタン測定により、速度が向上
  • 複数の変調品質測定により、DUTのフル性能をテスト可能
  • 高度な設定により、研究開発部門でのトラブルシューティングに対応可能
  • 製造テストの効率を高めるリモートSCPIコマンド