検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

N5341Aにより、必要な機能を提供します。

  • 完全なリンク層テスト機能
  • ベースバンドおよび RFモジュール間で最大 5ペアの片方向リンク
  • 1×、2×、4×リンク速度のサポート
  • ベースバンド、RFモジュール、リモート RFモジュール、CCM のリンク層エミュレート
  • 伝送用 RP3/RP3-01 フレーム
  • RP1 同期バーストの作成、RP1 の受信
  • フル・イーサネット/コントロール・メッセージのサポート
  • 複数のエラー挿入が可能

概要

Keysight N5341A基地局リンク・テスト・モジュールおよびN5340A基地局テスト拡張モジュールは、モジュラ N2Xシャーシ内で動作し、OBSAI のベースバンド/RF/リモートRFのモジュール、コンポーネントのリンク層のデバッグとテストに必要な入力信号と捕捉機能を提供します。 N2Xシャーシ

モジュール・リンク・エミュレーションおよびデターミニスティック・トラフィック作成機能を使用すると、ベースバンド・モジュールと RFモジュールを独立してテストすることができます。

エラー挿入機能を使用すると、DUTの信頼性をテストし、リンク・エラーとリンク異常からいかに迅速に回復できるかを解析できます。

トリガ機能は、特別なイベントが発生したときに、バスの動作を観察するために使用し、複雑な問題の根本原因を見つけることができます。
バスのデザイン段階からシステム・レベルのテストまで、同一のプラットフォームを使用できるので、テスト機器のコストを削減できます。

デバイス・エミュレーションおよびリンク解析用のスケーラブルなこのシステムは、今から数年間の投資を保護できます。

モジュールの比較
モジュール概要RP3RP3-01EthRP1システム・クロック
N5341ARP3-01 入力モジュール1チャネル(入力/出力1)1チャネル(光1)入力11チャネル(入力/出力1)入力 出力
N5340ARP3 入力モジュール4チャネル(入力/出力4)--1チャネル(入力1)-