検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 最大16台のMXGベクトル信号発生器のベースバンド再生同期
  • Mx2 MIMOソリューションを4ラック・ユニットで実現
  • 4台の位相コヒーレントMXG信号発生器に拡張可能
  • Signal Studioソフトウェアと組み合わせてLTE、WiMAX™、無線LANに使用可能

概要

MIMOレシーバ検証のための位相コヒーレンシ

Keysight MXGベクトル信号発生器とオプション012の組み合わせは、MIMOおよびビームフォーミング・テスト用のマルチ・トランスミッタ位相コヒーレントテスト信号の構成を可能にします。複数台のMXGで共通のLOを使用することにより、オプション012とMXG精密ベースバンド再生同期の組み合わせは、わずか4ラック・ユニットのコストパフォーマンスの高いMx2 MIMOソリューションを実現し、4台のMXG位相コヒーレント・テスト・システムに容易に拡張可能です。

さらに、Signal Studioソフトウェアにより、LTE、WiMAX、WLANレシーバ・テスト用の信号を容易に作成して、MXG位相コヒーレント・システムで再生できます。ソフトウェアから波形を自動的にダウンロードし、トリガと再生同期をセットアップできます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます

"WiMAX ™”、"Mobile WiMAX ™"、"WiMAX ™ Forum"は、WiMAX ™ Forumの商標です。