検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

Keysight MXG ATEアナログ信号発生器を標準の19インチEIAラック・キャビネットに設置

Keysight MXG ATEにオプション1CMを付けると、ラックマウント・キットが付属します。このキットには、1対のフランジと、信号発生器をEIA規格の19インチ(482.6 mm)ラック・キャビネットに取り付けるのに必要なハードウェアが含まれています。フランジは、測定器のケースに付いている穴を使って信号発生器に取り付け、ラック前面の取付け用支柱に信号発生器を固定します。信号発生器は、キャビネットの2ラック・ユニット(EIAユニット、3.5インチ(88.1 mm))分を占有します。

これらのフランジにはハンドル用のノッチがないので、ハンドル付きの測定器には使用できません。ハンドル付きのラックマウント・キットが必要な場合は、N5161A-1CPを参照してください。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます