検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

Circuit EnvelopeエレメントW2301は、変調/トランジェントRFシミュレーション機能を、高周波ミックスド・シグナル・エレクトロニック・デザイン・オートメーション (EDA) のテクノロジーおよび革新をリードする、Keysight EEsof EDAの主力製品であるAdvanced Design System (ADS) に実装します。ADSは、高周波/高速アプリケーションにおけるIC、パッケージ、ボードの協調設計を可能にする、唯一のデザイン・シミュレーション・プラットフォームです。ADSは、シーケンス、回路、フル3次元電磁界シミュレーション機能をKeysightのテスト機器にシームレスに統合することにより、エレクトロニック・デザインをシングル・パスで実現されます。

Circuit Envelope (CE) は、変調/トランジェントRF励振下でドライブされている回路やシステムを効率的にシミュレートします。ハーモニック・バランスのメモリの限界やトランジェント・シミュレータの時間的な問題を克服する特許取得済みのシミュレーション・テクノロジーであるCEは、ノンリニア・デザインに最適で、LTEやWiMAXなどの最新の3G/4G無線規格に対応します。ハーモニック・バランス・シミュレーションなどの定常状態での励振を使用する代わりに、CEでは、変調/トランジェントRF搬送波を含む現実的な信号を使用して、EVM、ACPR、BERなどの無線仕様を正確にシミュレートします。

Circuit Envelopeエレメントは次の機能を備えています。

  • 回路やシステム内のデジタル変調/トランジェントRF励振を効率的に解析するためのCircuit Envelopeシミュレータ
  • 仕様準拠の2G/3G/4G変調RF無線信号を用いた、EVM(エラー・ベクトル振幅)、ACPR(隣接チャネル電力)、ACLR(隣接チャネル漏洩電力)、BER(ビット・エラー・レート)の正確な回路シミュレーション<0)
  • 変調RF励振下でのXパラメータ・ノンリニア・モデル・シミュレーション
  • パワーアンプのリニアライザ回路設計用の一般的なトポロジー/シミュレーション・テンプレートを提供する、リニアライザ・デザイン・ガイド
  • デジタル変調RF信号源のセットアップ/無線仕様の検証用のシステム・アーキテクチャのデザイン/解析ユーティリティとシミュレーション・テンプレートを提供する、RFシステム・デザイン・ガイド
    回路システムのPtolemyシステム・シミュレータとのコ・シミュレーション

システム・ビヘイビア・モデルしか使用できず、RF搬送波のエンベロープしかシミュレートできず、インピーダンスの不整合は考慮しない他のエンベロープ・シミュレータとは違って、Circuit Envelopeにはこうした制限は一切ありません。回路、システム、測定Xパラメータ・ブロックの任意の組合わせを、変調RF信号を使用して正確にシミュレートすることができます。また、ネットワーク全体の信号反射や周波数ミキシングが捕捉されます。

Circuit Envelopeは、ノンリニア・ベクトル・ネットワーク・アナライザ (NVNA) 測定からノンリニア特性をフルに捕捉するKeysight Technologiesの最新の革新である、Xパラメータをフルに活用します。このため、デジタル変調RF励振下で既製のコンポーネントの測定Xパラメータを使用して、パワーアンプのリニアライゼーションや電力付加効率 (PAE) の最適化など、正確なノンリニア・デザインを実現できます。他のエンベロープ・シミュレータではこれは絶対に不可能です。

Circuit Envelopeエレメントでは、Harmonic BalanceエレメントW2300の機能を実行する必要があります。

エレメントの機能
モジュール 概要
  Circuit Envelopeシミュレータ 今日の無線回路に見られるI/Qデジタル変調RF信号の効率的なシミュレーション手法。
  Linearizer DesignGuide ノンリニア回路の性能仕様に適合するリニアライザの設計を支援するテンプレートが多数含まれています。
  RF System DesignGuide ビヘイビア・システム・モデルを使用して、トランスミッタ/レシーバ・チェーンを構成します。