検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

J7211B 可変アッテネータ・ボックス、DC~18 GHz、0~121 dB、1 dBステップ

購入窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 943,538

構成例  

構成例

J7211B 0-121 dB integrated attenuation control unit , DC to 18 GHz

  • 1年間の保証(引取)
  • J7211B-001 Type-N Connector

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

アッテネータ制御機能

  • 減衰量掃引機能:掃引時間、サイクル数、ステップ・サイズを、アプリケーションに合わせて定義します。
  • 相対減衰率ステップ機能:相対減衰率を任意の値に設定します。
  • 減衰量ステップ:0 dBから121 dB、121 dBから0 dB、またはプリセットしたサイクル数(1~1000)での往復
  • ユーザ設定可能な掃引時間:50 ms~10 s、50 ms 単位

仕様

  • 1セクション当たり0.03 dBの挿入損失の再現性(500万サイクル全体で)
  • 優れた減衰確度とフラットネス

リモート制御およびプログラミング

  • LXI Class C準拠により、容易なリモート・インテグレーションを実現

概要

無線通信用の統合型アッテネータ・ソリューション

J7211B可変アッテネータ・ボックスは、無線通信、航空宇宙/防衛、電子コンポーネント業界の、研究開発/製造エンジニア向け統合型アッテネータ・ソリューションです。J7211Bは、DC~18 GHzで動作し、最大 121 dBの減衰量を 1 dBステップ・サイズで提供します。ユニークな減衰量掃引機能により、スタート/ストップ減衰量、ステップ・サイズ、待ち時間、サイクル数を設定するだけで自動的に減衰量を可変できます。J7211Bは、1セクション当たり0.03 dB未満の優れた挿入損失再現性を、500万サイクル全体で得られ、維持コストを低減できます。

Keysight J7211Bは、幅がハーフ・ラック、高さが2ユニットのコンパクト形状です。ベンチトップ・アプリケーションでは使いやすさ、ATEテストではより優れた効率とスループットを提供します。GPIB、USB、LANインターフェース(LXI Class C準拠)により、リモート制御/トリガを容易に実現できます。

代表的なアプリケーション

J7211B可変アッテネータ・ボックスの減衰量掃引機能は、WiMAXTM および無線LANコンポーネントのデザイン/検証/製造用、移動機ハンドセットのトランシーバ基地局(BTS)のハンドオーバ・テスト用に最適です。