検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

業界最高のダイナミック・レンジ

Keysight MXG ATEベクトル信号発生器にオプションUNVを搭載すれば、ベースバンド・ジェネレータのD/Aコンバータ(DAC)の実効分解能を11ビットから16ビットに拡大できます。これにより、RF出力において、最大+5 dBmの出力パワーまで、W-CDMA ACLRのダイナミック・レンジを代表値で6~8 dB改善できます(オプション1EAでの仕様)。

代表的なアプリケーション

オプションUNVは、マルチキャリア・パワーアンプ(MCPA)のデザインと製造に最適です。超低歪みの信号発生は増幅器のデザインに不可欠であり、DUTのリニアリティ性能を最適化できます。製造環境では、テスト信号のダイナミック・レンジを拡大することで、測定の不確かさのマージンを縮小して、歩留まりを改善できます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます