検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

性能特性

  • ペデスタル位相雑音領域の開始/終了(最小0 Hz/最大48 MHz)周波数オフセットの設定
  • 相加性ペデスタル位相雑音のレベルの設定
  • 波形再生と独立に追加されるリアルタイム位相雑音

アプリケーション

  • 位相雑音障害に対するレシーバの許容度の評価
  • LOの代用のための位相雑音レベルの変化

その他の特長

  • 位相雑音設定を示すグラフィカル表示
  • 信号発生器のファームウェアに内蔵されたソフトウェア・アプリケーション

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

Keysight MXG ATEの位相雑音性能の定義

Keysight MXG ATEベクトル信号発生器のオプション432は、内蔵ベースバンド・ジェネレータを使用して再生するすべての任意波形にリアルタイムで位相雑音を追加できる唯一の製品です。フロント・パネルから、ペデスタル(1 kHz~48 MHz)位相雑音の形状を、開始周波数、終了周波数、位相雑音レベルで定義でき、LOの代用の際のさまざまな局部発振器条件をシミュレートできます。

代表的なアプリケーション

位相雑音障害は、レシーバ特性評価とデザインに最適です。レシーバを開発する際に、N5162A-432を使用して、局部発振器の位相雑音にデザインがどの程度影響されるかを判定できます。オプション432を使えば、さまざまな信号純度の送信信号に対するレシーバ復調確度を評価することもできます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます