検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

周波数スイッチング速度

  • SCPIモードのスイッチング時間を5 msから≦1.15 msに短縮
  • リスト掃引モードのスイッチング時間を5 msから≦900 μsに短縮

振幅スイッチング速度

  • SCPIモードのスイッチング時間を5 msから≦750 ìsに短縮
  • リスト掃引モードのスイッチング時間を5 msから≦500 ìsに短縮

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

振幅と周波数を高速にスイッチング

Keysight MXG ATEアナログ信号発生器にオプションUNZを搭載すれば、高速スイッチング機能により、テスト時間を大幅に短縮できます。コマンドで新しい周波数/振幅に切り替える場合でも、リスト・モード機能で広い帯域幅やパワー・レベル範囲を掃引する場合でも、このオプションを使えばテスト・セットの使用効率を改善できます。

代表的なアプリケーション

テスト・スループットが重要な製造環境に最適です。アプリケーションとして、パワーアンプなどのデバイスのコンポーネント特性評価、アナログ無線機などのトランシーバの量産テスト、アンテナ・テストなどの大量の測定が必要なアプリケーションがあります。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます