検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

AM機能

  • 対数モード:最大40 dB
  • リニア・モード:100 %の最大変調度

FM機能

  • DC~3 MHzの変調周波数
  • 20 MHzの最大偏移

ΦM機能

  • DC~4 MHzの変調周波数
  • 10 radの最大偏移

その他の特長

  • 複数の変調源の同時使用
  • AM、FM、ΦMをドライブするための内蔵正弦波信号源

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

柔軟なアナログ変調

Keysight MXG ATEアナログ信号発生器にオプションUNTを搭載すれば、内部または外部でドライブされたAM、FM、ØM信号を発生できます。

代表的なアプリケーション

オプションUNTは、アナログ通信システムのテスト、搬送波に対する不要変調のシミュレート、レシーバ・テストの際の干渉信号のシミュレートに最適です。

さらに、オプションUNTに周波数シフト・キーイング(FSK)用外部変調源を追加することで、FMまたは衛星通信トラフィックが必要な衛星レシーバ・テスト用のテレメトリ・トーンをシミュレートできます。

オプションUNTは、レーダ受信機のテスト用に最適であり、実環境の脅威をシミュレートするための同時AM/FM/パルス変調(オプションUNU)で構成される複雑な信号や、レーダ受信機のレンジ分解能をテストするための周波数安定チャープ信号を発生できます

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます