検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E8921A 旧製品型番

販売/サポート: 販売・サポート終了製品
販売終了

概要

Momentum

注記:モデル番号E8921は販売完了となりました。ただし、Momentum 3次元プレーナ電磁界シミュレータの機能は、現在は W2341 Momentum G2エレメントに含まれています。

以下の情報は参考資料としてご利用ください。

Momentumは、パッシブ回路の解析に使用できる3次元プレーナ電磁界(EM)シミュレータです。任意のデザイン・ジオメトリ(マルチレイヤ構造を含む)を受け取って、結合や寄生成分などの複雑な電磁界効果を正確にシミュレートします。正確な電磁界シミュレーションにより、RF/MMICデザインにおいて、パッシブ回路の性能を改善し、製造された製品がシミュレーション通りに動作する確率を高めることができます。

Momentum RFはMomentum EMエンジン内部の2番目のソルバ・テクノロジーであり、半波長より小さい大規模ストラクチャに対して精度を下げずにシミュレーション時間を短縮します。

MomentumはAdvanced Design System (ADS)デザイン・フローに統合されたコンポーネントなので、シミュレーション・セットアップ時間を短縮し、デザインの生産性を向上できます。

製品ハイライト

 

  • 全波電磁界ソルバは、すべての分散と放射を考慮します。
  • 準静的電磁界ソルバは、DCから半波長までの大規模回路のモデリングを高速化します。
  • ADSレイアウト環境に完全に統合されています。
  • 「エッジ・メッシュ」により、高周波信号の電流集中特性の評価が改善できます。
  • 適応周波数サンプリング(AFS)により、実際に計算する周波数の数を最小限に抑えて、最高の周波数掃引分解能を実現できます。
  • 側壁シミュレーション(導波管モード)により、回路をパッケージの側壁近くに配置した場合の影響をモデリングできます。
  • ボックス共振モードを導入して、パッケージ効果をモデリングし、目的の周波数レンジのどこかでボックス共振が発生するかどうかを判定できます。
  • アクティブ・デバイスのようにバイアスが必要な回路シミュレーションにおいて、DC動作点とSパラメータを生成します。
  • Momentum Optimizationアドオンにより、完全に自動化された電磁界デザイン最適化が可能です。
  • 3次元ビジュアリゼーションおよび電流アニメーション機能が利用できます。

Circuit Sim & Optimization

構成

 

Momentumは E8948 Momentum Turboエレメントに含まれています。

また、Momentumはいくつかの構成済みの ADSシミュレーション・バンドルにも含まれています。