検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 可変パルス幅(最小500 ns)
  • 高速な立ち上がり/立ち下がり時間(<50 ns)
  • 可変繰り返し周波数(最高2 MHz)
  • >80 dBのオン/オフ比

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

パルスド信号の発生

Keysight MXG ATEアナログ信号発生器にオプションUNUを搭載すれば、パルス変調信号の発生機能が追加されます。パルス幅や繰り返し周波数などのパルス・パラメータは、内部設定することも、外部信号源によって制御することもできます。

代表的なアプリケーション


オプションUNUは、レーダ、通信、制御システムなど、パルス変調を採用しているか、使用時にパルス変調された干渉にさらされるシステムのテストに最適です。アプリケーションとして、CWパルスによるコンポーネントやパワー・アンプのテスト、被変調パルスによるアンテナ・テストやレーダ・レシーバ・テスト、干渉信号の発生があります。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます