検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 標準のシングルエンドI/Q出力に相補I/Q信号を追加することにより、差動I/Q出力を提供
  • シングルエンド出力のコモン・モード・ノイズを最小化することで、ダイナミック・レンジを最大化

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

差動アナログI/Q信号へのアクセス

Keysight MXG ATEベクトル信号発生器にオプション1ELを搭載すれば、ベースバンド・ジェネレータ(オプション651、652、654)からの差動アナログI/Q出力信号にアクセスできます。差動信号は、標準のシングルエンド・アナログI/Q出力信号に比べて、広いダイナミック・レンジと小さいノイズを実現できます。

代表的なアプリケーション

差動アナログI/Q信号出力にアクセスすることで、開発エンジニアは、RFエンジニアがベースバンド・デザイン評価用に使用する搬送波への変調前の信号と同じものを使用できます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます