検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

主な特長

  • ユーザ・アクセス可能なすべてのメモリの完全な消去
  • 米国国防省(DOD)のセキュリティ規格に適合

選択可能なセキュリティ・モード

  • すべて消去
  • 消去/再書き込み
  • 全消去/サニタイゼーション機能では複数の再書き込み動作が可能
  • セキュア・モードでは、上記の選択したモードを次回の電源投入時に自動的に実行

概要

最終発注日は2012年5月31日です。2012年5月31日までに注文を確定してください。

後継機種:

セキュリティが重要なアプリケーションのためのデータ保護

Keysight MXG ATEベクトル信号発生器にオプション006を搭載すれば、最も厳格な機密情報取り扱い要件にも適合する機能が得られます。内蔵ユーティリティを使用して、信号発生器内のデータを、米国国防省(DOD)の規格に従って容易に消去できます。測定器を機密環境内で移動する場合には、より緩い指針に合わせて、実行するメモリ消去の範囲を容易に調整できます。Keysight MXG ATEは磁気ハード・ディスク・ドライブを装備していないため、ハードウェアの取り外しは不要です。

代表的なアプリケーション

この機能は、機密情報や注意を要する内部情報を扱うプロジェクトに関わるユーザを対象としていて、信号発生器内に記録されたすべてのデータ(IQ波形、ユーザ・フラットネス・テーブル、掃引リスト、最新ステート情報など)をメモリから完全に消去できます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます