検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N7788B ポータブル光コンポーネント・アナライザ

購入窓口
  • Keysight - 納期はお問合せ下さい

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

主な利点

  • シングル掃引で最高の確度:複数の掃引によるアベレージングが不要
  • 高速測定
  • C/Lバンド全体の測定を10 s以下で完了(多数のアベレージングの完了を待つ必要はありません)
  • ファイバの動き/振動およびドリフトに対する高い信頼性

概要

N7788B/N7788BDコンポーネント・アナライザは、新たなコンポーネント測定機能を提供します。Keysight独自のテクノロジーは、光学デバイスの偏波モード分散分散 (PMD) や微分群遅延 (DGD) の標準的な測定方法としてよく知られているJonesマトリクス固有値解析法 (JME) と同等です。

Keysightの新しいシングル・スキャン・テクノロジーには、さまざまな利点があり、以下のすべてのパラメータをテストできます。

  • DGD/PMD
  • PDL
  • パワー/損失
  • TE/TM損失
  • 2次PMD
  • 主偏波状態 (PSP)
  • Jones/Muellerマトリクス

製造フロア向け

高スループット:C/Lバンド全体を10 s以下で正確に解析できます。

ソフトウェア・ドライバ:システムの外部制御に、さまざまなソフトウェア・ドライバを使用できます。このため、一般的なERPシステムに簡単に統合できます。

リモート制御:LANやインターネットからも測定器の制御が可能です。このため、自動化やトラブルシューティングにも対応できます。

レポート作成:PDFレポートを作成できます。レイアウトなどの内容は、ユーザが構成できます。

リアルタイム・パワー読取り機能:新しいデバイスのファイバ結合が可能なリアルタイム・パワー読取り機能を備え、非コネクタ・タイプのコンポーネントの高スループット測定を実現しています。

バーコード・スキャナ:バーコード・スキャナを使用して、DUTのシリアル番号を瞬時に転送することができます。