検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

IC-CAP 2008 -- 製品版リリース

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

新機能

性能の最適化、形状の作成、励振の設定、シミュレーションの制御、ポスト・プロセッシング、ユーザ・インタフェースの作成に、Python(r) スクリプトを使用することができます。

  • Python標準: http://www.python.org 
  • パラメータの掃引/最適化
  • 高度なポスト・プロセッシング
  • 設計フローの自動化
  • UIのカスタマイズ
  • 最適なシミュレーション設定の自動サーチ
  • 数学的なポスト・プロセッシング用の広範なライブラリへのアクセス

注意

最新のバージョンへでのご活用をお勧めいたします。 AMDS 2007.5をインストールするには、『AMDS 2007.5インストール・インストラクション』を参照してください。アクセラレータ・カードを使用している場合は、ドライバもアップグレードする必要があります。手順は、インストール後にビン/Accelewareマップに記録されます。現在のドライバをアンインストールするには、『Accelewareインストール・ガイド』の18ページのセクション11を参照してください。AccelewareドライバとNDVIDIAディスプレイ・ドライバの両方をアンインストールしてください。このガイドのセクション9では、新しいドライバのインストール手順を説明されています。

コードワード

AMDS 2007.5のライセンシング・インフラが更新されているので、2.7 FlexLMディストリビューションを使用してください。AMDS 2007.4をご使用の場合は、新しいコードワードをご請求ください。コードワードをお持ちでない場合は、コードワードをご請求ください。

別のリリース・バージョンの検索