検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

B4610A オフライン表示/解析用のデータ・インポート・ツール (B4610A)

購入窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

主な利点:

  • 離れた場所のチーム・メンバとデータが共有でき、データのオフライン表示/解析が可能
  • 捕捉に使用した測定器を使用せずに、解析が可能
  • ハードウェアを別の測定に使用可能
  • さまざまな表示/解析ツールを使用可能

サポートされるファイル・フォーマット

  • CSVファイル
  • バイナリ(ALB)ファイル

使用可能な測定器

  • サポートされるファイル・フォーマットのデータをさまざまな外部測定器からインポート可能:ロジック・アナライザ、オシロスコープ、シミュレーション・データなど
  • ロジック・アナライザ:バージョン3.70以上の16900/16800シリーズ
  • オシロスコープ:バージョン5.0以上のKeysight InfiniiVision 7000/6000/5000シリーズ

必須製品

概要

B4610Aデータ・インポート・ツールを使用すると、ロジック・アナライザで収集したデータをインポートして、解析することができます。B4610Aはロジック・アナライザまたは外部PCで動作します。インポートは、バーチャル・インポート・モジュールにより、CSVファイルかバイナリ(ALB)ファイルから読み取られ、そのデータをさまざまな表示ウィンドウや解析ツールで利用できます。CSVファイルは、外部ツールで作成したり、ロジック・アナライザ・モジュールから保存できます。バイナリ(ALB)ファイルは、Keysight InfiniiVision 7000シリーズ/6000シリーズ/5000シリーズ・オシロスコープで作成されます。データ・インポート・モジュールを使用するにはライセンスが必要です。ライセンスがない場合には、評価用として最大16列(ステート)のデータのみインポートすることができます。