検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4375B 26.5 GHzシングルモード光コンポーネント・アナライザ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

絶対レスポンシビティ確度(20 GHz)

  • ±1.8 dBe、1.5 dBe(代表値、1550 nm)
  • ±2.2 dBe、1.5 dBe(代表値、1310 nm)

相対レスポンシビティ確度(20 GHz)

  • ±0.8 dBe、±0.5 dBe(代表値)

ノイズ・フロア(20 GHz)

  • E/O測定では、<-86 dB(W/A)
  • O/E 測定では、<-76 dB(A/W)

トランスミッタの波長

  • (1310±20)nm
  • (1550±20)nm 

概要

新しいN4375DシングルモードLCAは、最新の2ポート/4ポート構成の5222Aシリーズ ネットワーク・アナライザをベースとしています。
このLCAは、最高26.5 GHzの電気/光コンポーネント測定および無線オーバファイバ(RoF)や航空宇宙/防衛(A&D)の電気/光テスト・アプリケーションに最適な測定ソリューションです。

N4375Dは、国際標準にトレーサブルで、電気/光レスポンシビティSパラメータ測定の保証された仕様をターンキー・ソリューションで提供しています。
N4691B電気校正キットと組み合わせれば、テストを最高速でセットアップでき、コンポーネントの開発に集中できます。

新しいN4375Dは、業界標準の8703A/Bシリーズの後継機種です。1310 nmおよび1550 nmの光源波長または外部光入力の個別の波長において、26.5 GHzまでの仕様化された変調周波数をサポートしています。

利点

  • 再現性が高く正確な測定を実行でき、トレース・ノイズが低いので詳細なS21特性を得ることができます。
  • 国際標準に対してトレーサブルで、どのN4375Bを使用しても、比較可能な測定結果が得られます。
  • 簡単かつ高速に校正および測定でき、維持コストが安価です。

特長

  • NISTにトレーサブルな相対周波数レスポンシビティ仕様
  • 外部光入力により、1300~1600 nmの全ての波長でテストが可能
  • 26.5 GHzまでの保証済みレスポンシビティ仕様
  • 電気校正モジュールによる、高速で正確な校正
  • 高度なテスト・セットアップ用の拡張校正のサポート
  • 内蔵の光パワー・メータ
  • ユーザ選択可能な伝送パワー
  • SCPIリモート制御